『ラジオNIKKEI賞のデータ考察 』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第67回ラジオNIKKEI賞の、

10年データを調べてみました。

 

当レースは2006年から現在の名称に変わり、

別定戦からハンデ戦へと変更になりました。

 

ハンデ戦らしく伏兵馬の激走が数多く見られ、

ここ10年で5番人気以内のみでの決着は、

わずかに1回と、配当妙味たっぷりのレースとなっています。

 

まず枠順別の10年成績から見てみると、

全ての枠が馬券には絡んではいますが、

2枠が【2-3-4-9】

6枠が【2-3-0-14】

8枠が【2-1-3-14】と好走傾向。

 

次に血統で見てみると、

圧倒的な強さを見せているのがサンデー系で、

特にディープインパクト産駒は、

ここ10年で5勝と当レースの相性は抜群なので、

スピード面に特化した血統が有利な印象ですね。

 

そして当レースでは関東馬が、

関西馬を圧倒している印象で、

2016年、2017年と1着~3着は全て関東馬で、

ここ10年でも【8-7-8-71】という結果。

 

データでも表れている通り、

当レースでの関東馬の信頼度は高い模様です。

 

そして前走からの間隔でも、

面白いデータが。

 

それは前走からの間隔で、

5週~9週の馬の成績が【6-10-6-71】と、

ゆったりローテの馬が好走していて、

2着馬はすべてこの間隔で出走してきている馬でした。

 

これに当てはまる馬は数頭しかいませんので、

絞り込めるポイントになりそうです。

 

最後に前走着順で見ると、

前走1着馬の成績が【5-3-2-47】と、

前走の勢いそのままに好走しているのが分かります。

 

ここもかなり絞り込めるポイントになるのではないでしょうか。

 

上述したとおり、

過去10年で5番人気以内の決着は1回のみで、

その1回は福島競馬場ではなく、

中山競馬場で行われたものなので、

かなり高い確率でリッチ配当が出そうな予感がしますね。

 

今年も非常に楽しみな1戦になりそうです。

 

それではまた。

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?