『函館記念のデータ考察』西城つよし

おはようございます。

 

今回は明日行われる第54回函館記念の、

10年データを調べてみました。

 

過去10年で10万越え馬券が7回出ていて、

昨年は91万馬券でしたね。

 

2010年以降では1番人気は馬券に絡んでいませんので、

今年もリッチ配当に期待がかかります。

 

まずは前走開催場所別の成績。

 

函館【1-5-3-50】勝率1.7%

新潟【1-1-1-2】 勝率20.0%

東京【4-1-3-23】勝率12.9%

中山【0-0-0-6】 勝率0%

 

前走で注目したい開催場所をあげました。

 

ご覧の通り、

前走中山の馬は全く馬券に絡んでいないという結果になり、

前走函館を使ってきた馬の勝率も低いですね。

 

前走中山は消し、

前走函館は勝ち馬が出にくいと判断しても、

良いかもしれません。

 

次に前走着順を見てみると、

前走6着~9着【1-5-3-28】

前走10着以下【0-2-3-50】と、

前走凡走で終わってしまった馬たちの、

巻き返しはあると考えるべきかもしれません。

 

昨年の函館記念では、

前走13着に終わったタマモベストプレイが、

そこから見事に立て直し函館記念で2着になり、

91万馬券を作りだしました。

 

今年も10万オーバー馬券が出るとしたら、

この条件の馬たちが絡んできますので、

注目していきましょう。

 

最後に枠順別の成績。

 

1枠【0-1-2-16】

2枠【3-2-2-12】

3枠【4-0-0-16】

4枠【1-2-1-16】

5枠【0-2-1-17】

6枠【1-1-1-17】

7枠【0-2-1-17】

8枠【1-0-2-17】

 

このような成績でした。

 

昨年は上位3頭、

6枠、7枠、8枠での結果でしたが、

基本的には5枠より、

内枠の馬たちを中心に考えたほうが良さそうな傾向ですね。

 

 

以上、函館記念のデータ考察でした。

 

今年の出走馬を見ると、

全幅の信頼を置ける馬がいなそうなので、

波乱が再び起きる可能性は高いですね。

 

そんなリッチ配当が期待できる函館記念は、

まもなくです。

 

楽しんでいきましょう。

 

それではまた。

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?