『中京記念のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第66回トヨタ賞中京記念の、

10年データを調べてみました。

 

いよいよサマーマイルシリーズの第1戦目です。

 

函館記念同様に、

中京記念も過去10年で、

8回も20万馬券が出ている荒れるレース模様。

 

高配当のカギは、

好走してくる伏兵を、

しっかりと見極められるかにかかってきそうですね。

 

まずは前走着順別成績から。

 

前走1着馬の成績が、

【3-1-4-16】

2着~5着

【2-3-3-47】

6着以下

【5-6-3-73】

 

前走1着馬は、

そのままの勢いで好走してきそうなデータです。

 

逆に2着~5着の馬の成績より、

6着以下の馬の成績が良いのは注目ポイント。

 

しかし前走着差で見ると1.9秒以上離されている馬は、

1度しか馬券に絡んでいないので、

着差が離され過ぎている馬は消しで考えていいでしょう。

 

過去の当レースの勝ち馬で、

前走負1.1秒差以内で勝利しているのは

2016年のガリバルディ、

2013年のフラガラッハ、

2010年のシャドウゲイトと3頭いるので、

前走6着以下で1.1秒差以内の馬は狙っていきたいですね。

 

次は年齢別の成績を見ていきます。

 

4歳【1-1-3-18】

5歳【5-4-1-51】

6歳【2-3-4-32】

7歳【1-1-0-21】

 

出走数を含めて考えても、

5歳、6歳馬を中心に考えるべき結果になりました。

 

4歳馬は10年前の2008年に、

タスカータソルテが勝利して以降は、

勝ちがありませんが、

3着は3度とまずまずの成績なので、

押さえておいても良いかもしれません。

 

最後に前走クラス別の成績。

 

オープン特別【5-6-5-48】

G3【2-2-4-41】

G2【2-2-0-21】

G1【1-0-0-12】

 

オープン特別組の好走が目立つので、

前走のクラスは、

そこまで気にしなくて大丈夫そうです。

 

実勢上位のグレーターロンドン、

昨年の覇者ウインガ二オンと、

他にも楽しみなメンバーが揃っている中、

今回もリッチ配当のチャンスがあるだけに、

非常に楽しみな1戦となりましたね。

 

しっかり水分補給をし、

始まったばかりの夏競馬を楽しんでいきましょう。

 

それではまた。

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?