『佐渡Sの穴馬探し予想PART1』シベリアン

「佐渡S」の穴馬探しを
お届けします。

いよいよ次週末から
夏の新潟・小倉・札幌が
各6週間の日程で開幕。
「夏競馬」も後半戦を
むかえます。

佐渡Sは
開幕日7月28日(土)の
新潟メーンとして行われる
芝2000mの準オープン。

普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
お届けしている当欄ですが、
平地3重賞が施行されない週は
さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

次週末に行われる平地重賞は
アイビスサマーダッシュ・
クイーンSの2クラのみ。

そこで、今週は土曜の
新潟11R・佐渡Sの
展望もお伝えします。

さて、以前の当欄で何度か
触れましたが、夏の新潟は
たとえ直線の長い外回りでも
(特に夏開催の前半は)
差しが届かず、前残りが
多く発生するのが常でした。

野芝の状態が非常に良いため
前にいる馬が止まらないこと、
外回り戦は直線に入るまで
過度に牽制しあいドスローで
流れるため前に行った馬にも
十分息が入っており、直線で
余力たっぷりに再加速して
後続を突き放せることなどが
その要因です。

ただ、ここ数年は様相が
少し変わってきました。
夏の新潟の芝外回り戦で、
開催前半から「差し」が届く
ようになってきたのです。

昨年の「開幕週」(土日)に
行われた新潟芝外回り戦で
馬券圏に好走した馬の脚質は
下記のとおり(新馬戦除く)。

(土)
07R 1着馬 先行 4角2番手
07R 2着馬 先行 4角3番手
07R 3着馬 追込 4角13番手
10R 1着馬 差し 4角8番手
10R 2着馬 差し 4角10番手
10R 3着馬 先行 4角5番手
11R 1着馬 差し 4角9番手
11R 2着馬 差し 4角7番手
11R 3着馬 差し 4角7番手

(日)
01R 1着馬 差し 4角9番手
01R 2着馬 先行 4角5番手
01R 3着馬 追込 4角13番手
08R 1着馬 差し 4角6番手
01R 2着馬 先行 4角2番手
01R 3着馬 差し 4角9番手

このように、好走15頭のうち
4角6番手以降から差した馬が
10頭。全体の丁度3分の2を
占めています。明らかな
「差し届く馬場」でした。

新潟だけでなく各場の芝で
ここ数年は「開幕週は差しが
けっこう届くが、内の芝が
踏み固められた開催後半に
なるほど時計が速まり、
内を通る先行馬が残るように
なる」いわば逆転現象が
起こっていますが
野芝オンリーの夏の新潟は
芝自体も整備法も異なるため
その傾向は出ず、夏開催の
前半は依然として前有利の
傾向が現れ続けていました。

しかし、新潟でも他場同様に
開幕前にエアレーションが
定期的に施されるようになり
路盤状況が変わってきた…と
いうことなのでしょうか。
昨夏の新潟は他場と同様、
開幕週はフラット~差し届く
馬場に仕上げられており、
前有利の以前の傾向が明らかに
薄まっていました。ただ、
他場のように「開催後半に
なると内を通る先行馬が
残るようになる」傾向は現れず。
開幕週に現れた差し届く馬場が
最後まであまり変わらなかった
印象です。

これが、夏の新潟の定番の
傾向になるのか。それとも
他場のようなパターンがまた
現れるのか。両面を意識しつつ
開幕週から芝のレースを診て
いきたいと思っています。

以上の点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。