『アイビスサマーダッシュの穴馬探し予想PART1』シベリアン

「アイビスサマーダッシュ」の
穴馬探しをお届けします。

いよいよ次週末から、
夏の新潟&小倉&札幌が
各6週間の日程で開幕。
「夏競馬」の後半戦に
突入します。

アイビスサマーダッシュは
開幕週の7月29日(日)に
新潟の「千直」で行われる
名物重賞。

昨年は、当欄推奨馬の
レジーナフォルテが
3着に走ってくれました。
(4番人気)

さっそく、当レースの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
直近の短距離戦で
先行していた馬を狙うべし

→まず、当レースにおける
鉄板法則からご紹介します。

2010年以降の当レースで
3着以内に好走した馬の、
「前々走&前走」の履歴を
診てください。

10年1着馬 前々走◎  前走☆ 
10年2着馬 前々走   前走☆ 
10年3着馬 前々走   前走 
11年1着馬 前々走☆  前走◇
11年2着馬 前々走★  前走☆
11年3着馬 前々走   前走☆
12年1着馬 前々走★  前走☆
12年2着馬 前々走★  前走★
12年3着馬 前々走★  前走★
13年1着馬 前々走☆  前走☆
13年2着馬 前々走☆  前走☆
13年3着馬 前々走★  前走
14年1着馬 前々走◇  前走
14年2着馬 前々走★  前走★
14年3着馬 前々走◇  前走
15年1着馬 前々走★  前走★
15年1着馬 前々走☆  前走☆
15年1着馬 前々走   前走
16年1着馬 前々走   前走☆
16年2着馬 前々走☆  前走◎
16年3着馬 前々走◎  前走◎
17年1着馬 前々走◎  前走◎ 
17年2着馬 前々走◎  前走◎ 
17年3着馬 前々走★  前走☆ 

★=1400m以下のレースで
「先行」して6着以下に敗退。

☆=1400m以下のレースで
「先行」して5着以内に好走。

◎=新潟の千直戦で
5着以内に好走。

無印=その他です。

上記24頭のうち、22頭に
何らかの印が付きました。

つまり、
アイビスサマーダッシュで
馬券圏に好走する馬=
直近2走のいずれかで
下記いずれかの履歴を持って
いた馬が大半、ということに
なります。

・1400m以下の短距離戦で先行した。
  その際の着順は関係なし
 (上記★☆の馬が該当)

・新潟の千直戦で掲示板圏に好走した
 (上記◎の馬が該当)

アイビスサマーダッシュに
限らず、新潟の千直戦は
テンからかなりスピードが
出ます。まずはその速さに
ついていくコトが肝要。

ですから「直近の
1400m以下の短距離戦で
先行できていた」=軽快な
先行力を直近戦で示していた
馬の好走が多いワケですが、
特に要注目は★印付きの馬。

直近の1400m以下戦で
前へ行ったものの『バテて、
6着以下に負けていた馬』が
アイビスサマーダッシュでは
一転、粘り切るのです。

新潟の千直戦は前へ行って
たとえ後半バテたとしても、
スピードの惰性+ラストが
平坦のコース構造が味方して
最後まで何とか粘り込めます。

ゆえに、直近の短距離戦で
前へ行けた「先行力」さえ
備えていれば、その時に
たとえバテて負けていた
馬でも、このレースでは
「どうにかなる」のです。

また「直近の他場短距離戦で
先行してバテて負けてきた」
馬は、当条件では一転して
粘り込めるにもかかわらず
今回の人気を落としがち。
絶好の「穴ターゲット」とも
化します。要チェックの
存在と化すワケです。

まずは、出走各馬の
上記項目への該当状況の
チェック作業から始めたい
一戦です。

その他の当レースの傾向は、
PART2で記していきます。

PART2に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。