『西部日刊スポーツ杯の穴馬探し予想PART1』シベリアン

 

「西部日刊スポーツ杯」の
穴馬探しをお届けします。

西部日刊スポーツ杯は
8月12日(日)に
小倉10Rとして行われる
1000万の特別戦です。

普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
お届けしている当欄ですが、
平地3重賞が施行されない週は
さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

次週末に行われる平地重賞は
関屋記念・エルムSの
2クラのみ。

そこで、今週は
日曜の小倉10R・
西部日刊スポーツ杯の
展望もお伝えします。

さて、西部日刊スポーツ杯が
現行の小倉ダート1000mで
行われるようになったのは
昨年からですが、さっそく、
昨年は「先行した3頭」で
ワンツースリー。差し・
追込みは届かず4着以下に
留まりました。

函館・札幌・小倉ダートの
1000mは、JRAで屈指の
「前が止まらない」舞台。

ただ、札幌は「逃げ切りが
意外に少ない」特徴が
あります。2015年以降の
3場の「逃げ切り勝ち率」は
下記のとおり。

※各コースで「逃げた馬」の
 勝率・着度数(2015年以降)

函館ダ1000m 14% 24.23.14.107
札幌ダ1000m 9%  11.14.17.74
小倉ダ1000m 15% 40.33.18.164

逆に「逃げ切り勝ち率」の
トップは小倉ダート1000m。
15%は屈指のアベレージです

小倉ダート1000m戦の
脚質別成績も診てください。
明らかに「前にいるほど」
有利ですが、ちょっと極端な
アベレージ差が出ています。

【小倉ダート1000mの脚質別成績】(2015年以降)
逃げ 勝率15% 複勝率35% 40.33.18.167
先行 勝率 7% 複勝率25% 35.35.47.342
差し 勝率 3% 複勝率13% 11.14.18.276
追込 勝率 1% 複勝率 8% 2.7.6.160

また、昨年の当レースで
先行して馬券圏に好走した
3頭には「直近レースでも
全て先行していた」共通項が
ありました。

単純なハナシですが、
まずは近走で前へ行っていた
徹底先行タイプを選ぶ事が
小倉ダートト1000m戦、
そして当レース的中への
「近道」。

上級クラスのレースでテンが
速くなるだろうから差し馬に
目を配らせておいたほうが…
という考えも、それほど
必要ナシと診ています。

ちなみに同じ小倉ダートでも
「1700m」では、上記の
1000mほど極端な脚質別の
成績差は現れていません。

【小倉ダート1700mの脚質別成績】(2015年以降)
逃げ 勝率 8% 複勝率26% 25.26.24.208
先行 勝率 8% 複勝率23% 73.68.56.649
差し 勝率 5% 複勝率18% 59.72.68.858
追込 勝率 4% 複勝率14% 37.29.43.639

以上の点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。