『北九州記念の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「北九州記念」の
穴馬探しをお届けします。

北九州記念は
8月19日(日)に
小倉芝1200mで
行われるG3重賞です。

早速、北九州記念の
ポイントをお伝えしましょう。

【ポイント1】
近10年で
8番人気馬が5勝をマーク

→逆に1番人気馬は1勝のみ。
まずは「荒れる重賞」と
定義してOKのレースです。

【ポイント2】
血統傾向に「偏り」あり

→北九州記念最大の特徴は
コレでしょう。近5年の
当レースで好走した15頭の
血統を診てください。

13年1着 ツルマルレ  ◎
13年2着 ニンジャ
13年3着 バーバラ   ◎■
14年1着 リトルゲル  ◎■
14年2着 メイショウ  ◎■
14年3着 カイシュウ   ■
15年1着 ベルカント   ■◇
15年2着 ビッグアー    ◇
15年3着 ベルルミエ  ◎■
16年1着 バクシンテ    ◇
16年2着 ベルカント    ◇
16年3着 オウノミチ
17年1着 ダイアナへ
17年2着 ナリタスタ    ◇
17年3着 ラインスピ  ◎■

◎=ミスプロ持ち
■=父か母父がダート血統
◇=父バクシンオー系

上記15頭中、12頭に
いずれかの印が付きました。
印が複数付いた馬も7頭。

昨年も、2・3着は
2ケタ人気の大穴でしたが
いずれも上記のように、
印が付いていた馬でした。

ともあれ、この3ポイントが
当レースの血統面において
大切であることが分かります。
「穴馬が人気馬を倒すための
ファクター」となっている
ことも、分かります。

北九州記念は毎年テンから
速く流れ、ラップが極端な
前掲になる=ダート短距離で
頻繁に見られる「なんとか
凌ぎあうタフな馬力勝負」の
ラップになるため、そんな
レースに強いミスプロの血を
備えた馬、ダート血統馬が
多く好走している、という事。

また、平坦で芝の状態が良い
時の短距離レースに抜群に
強いサクラバクシンオー系の
産駒もまだまだ頑張ります。
一昨年はワンツー、昨年は
ショウナンカンプ産駒が
大穴をあけました。

以上3要素のいずれか(または
複数)を備えている馬しか
ほとんど好走できないのが
北九州記念ですから、まずは
今年も、出走予定馬について、
血統内容をチェックしたいと
思います。

【ポイント3】
近年は「千直の激流」で
目を覚ましてきた馬に注目?

→近10年の当レース出走馬の
前走別・成績を診てください。

アイビスSD  3.2.3.41   複勝率16%
バーデンC   2.0.1.15   複勝率17%
CBC賞    1.0.3.24   複勝率 7%
函館スプリント 0.0.0.8    複勝率 0%
準オープン   1.6.1.20   複勝率29%
1000万     1.1.1.5    複勝率38% 

近4年は、アイビスSDを
前走で使ってきた馬が
毎年連対中。ここへ来て、
「前走で千直の激流戦で
目を覚ましてきた馬」の
快走が目立つようになって
います。

また、準オープン組・
1000万組の「格下馬」が
ハバを利かせているのも
大きな特徴。この辺りは
「格より調子」の夏重賞の
特性がストレートに現れて
いると言えます。

【ポイント4】
前走で「速い上がり」を
マークした差し馬に注目

→近10年の当レースで
連対した「6番人気以下」の
穴馬9頭中6頭が、前走で
「上がり最速 or 準最速or
準々最速」をマークして
いた馬でした(着順不問)。

09年1着馬  8番人気  前走/上がり最速で4着
11年1着馬  8番人気  前走/上がり最速で7着
12年1着馬  8番人気  前走/上がり最速で1着
12年2着馬 12番人気
13年1着馬  6番人気  前走/準・上がり最速で8着
14年1着馬  8番人気
14年2着馬 13番人気
16年1着馬  8番人気  前走/準・上がり最速で3着
17年2着馬 14番人気
17年3着馬 15番人気  前走/準々・上がり最速で6着

前傾ラップになりがちな
当レースですから、昨年は
違いましたが基本的には
差し有利。人気薄の穴馬が
差して圏内に飛んでくる
ケースが目立ちます。

そして、たとえば13年の
ツルマルレオンのように
前走で速い上がりを出すも
展開に恵まれず、着外に
敗れていた馬の差しが、
北九州記念では一転して
届きやすい…ということ。

しかも前走で差し届かず
着順が大きくなった馬は、
北九州記念では人気を
下げますから馬券的にも
要注目、となるワケです。

【ポイント5】
牝馬に要注目

→近10年で牝馬が(6.5.5.55)、
複勝率23%。牡馬(4.5.5.82)、
複勝率15%と比べるとその差は
歴然です。牝馬が毎年馬券に
絡んでいます。

【ポイント6】
最内枠が苦戦

→近10年の「枠別」成績は
下記の通り。包まれやすい
最内枠のアベレージのみが
低調です。

1枠 複勝率 6%  1.0.0.17
2枠 複勝率21%  3.0.1.15
3枠 複勝率21%  0.2.2.15
4枠 複勝率30%  1.4.1.14
5枠 複勝率10%  2.0.0.18
6枠 複勝率20%  1.1.2.16
7枠 複勝率12%  0.2.1.22
8枠 複勝率23%  2.1.3.20

【ポイント7】
前走「1着馬」の勢いに
要注目

→近10年好走馬30頭のうち
およそ半数にあたる14頭の
前走が「1着」でした。

格に関係なく「前走で勝って
きた勢い」がそのまま
通用しやすい、いかにも
夏のローカル重賞らしい
傾向と言えます。

以上の7点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。