『神戸新聞杯の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「神戸新聞杯」の
穴馬探しをお届けします。

神戸新聞杯は
9月23日(日)に阪神で
行われる菊花賞TRです。

ダービー馬ワグネリアンが
秋の初戦を迎えますが
主戦の福永騎手が落馬負傷で
戦線離脱(頭蓋骨骨折など)。
藤岡康太騎手に乗り替わります。

早速、神戸新聞杯の
ポイントをお伝えしましょう。

【ポイント1】
「ダービー不出走馬」を
狙う時は、明確な基準が
あるので要注意

→近10年の当レース出走馬の
前走別成績を診てください。

ダービー    複勝率38% 8.6.3.28
ラジオNIKKEI  複勝率30% 1.1.1.7
オープン特別  複勝率11% 0.0.1.8
準オープン   複勝率20% 1.0.0.4
1000万     複勝率17% 0.3.4.34
500万     複勝率00% 0.0.0.25 

基本的には前走ダービーに
出走していた馬が優勢。
それでも「ダービーに
不出走だった馬」を
どうしても狙いたい場合、
取捨基準に明確なものが
存在しますので留意したい
ところ。

その取捨基準とは…
下記を診てください。

08年3着 オウケンブルース ▽
09年1着 イコピコ     ▼
10年3着 ビッグウィーク  ▽
11年3着 フレールジャック ▼
12年2着 ロードアクレイム ▼
12年3着 マウントシャスタ ▼
13年2着 マジェスティハ- ▽
13年3着 サトノノプレス  ▽
15年3着 トーセンバジル
16年2着 ミッキーロケット ▽

これは、近10年の
神戸新聞杯で3着以内に
好走した30頭のうち
「ダービー不出走」だった
全10頭の顔ぶれです。

▽印=前走1000万で連対した馬、
▼印=前走でダービー以外の
重賞に出走していた馬。

上記の全10頭中、9頭に
どちらかの印が付きました。

つまり、どちらかの履歴を
持つ馬なら「ダービーに
不出走だった馬」でも
神戸新聞杯で好走できるです。

3歳秋の重賞レースでは、
よく「古馬混合1000万で
好走した馬は通用する」と
言われますが、神戸新聞杯も
それに該当するということ。

また前走で「ダービーには
出走していなかったものの
重賞には出走していた」
いわゆる重賞級の馬なら
走れる、とも言えます。

ですから逆に「ダービーに
出走していないのに、
前走1000万で連対できず or
前走で重賞に出走せず」の
馬では、勢いも格も足らず
苦しいワケです。

ダービー不出走馬を狙う場合、
まずはこの点を留意したい
ところです。

【ポイント2】
「阪神芝外回り」で
速い上がりを使った
実績がある馬を狙いたい

→近10年の神戸新聞杯で
4番人気以下で3着以内に
好走した10頭の顔ぶれを
まず診てください。

09年3着◆(5番人気)セイウンワンダー
09年1着◆(7番人気)イコピコ
10年3着◆(5番人気)ビッグウィーク
12年2着◆(8番人気)ロードアクレイム
13年2着◆(7番人気)マジェスティハ-ツ
14年2着 (8番人気)サウンズオブアース
14年3着 (9番人気)ト-ホウジャッカル
15年3着◆(7番人気)ト-センバジル
16年2着◆(6番人気)ミッキーロケット
16年3着 (4番人気)レッドエルディスト

10頭のうち7頭に◆印が
付きましたが、じつは
◆印の馬=神戸新聞杯を
迎える前までに、阪神の
芝外回りで最速上がりor
準最速上がりを繰り出した
ことがあった馬です。その
際の着順は不問。

キャリアの浅い3歳馬に
とって、ほぼ未知の領域と
いえる「道中で脚を徹底的に
溜めたうえで、究極の速い
上がりを使いあう」流れに
なる神戸新聞杯。

いわば少し特殊な状況下の
レースですから、今回と
全く同じ「阪神外回りでの
速い末脚比べレース」を
経験した履歴が、そのまま
アドバンテージとなって
いるのでしょう。

【ポイント3】
前走からの
「距離短縮馬」が全滅

→近10年の前走距離別の
成績を診てください。

2300m以下  複勝率17% 2.4.7.65
2400m    複勝率32% 8.6.3.36
2500m以上  複勝率 0% 0.0.0.17

前走2400m組が強いのは
上記【ポイント1】で記した
前走ダービー出走馬が強い
データそのままですが、
注目は2500m以上の距離を
前走で走ってきた馬が全く
ダメ、という点。

2500m以上のレース=
「スローからのよーいドンで
速い末脚を競うレース」には
なりません。ひたすら持久力を
競い合うタフな流れになる事が
多く、神戸新聞杯の流れとは
真逆ですから、神戸新聞杯に
出走してきた時に末脚比べの
流れに対応できず凡走、という
パターンが多いのでしょう。

【ポイント4】
前走「洋芝出走馬」が
ほぼ全滅

→近10年の前走場別の
成績を診てください。
下記のように、前走で
札幌&函館の洋芝戦に
出走していた馬がほぼ
全滅しています。

札幌&函館  複勝率 4% 0.1.0.25
それ以外   複勝率32% 10.9.10.93

上記【ポイント3】に
似た話になりますが、
前走で要パワー洋芝の
札幌&函館に出走して
きた馬では、条件が
その時とほぼ逆になる
「野芝オンリー馬場で
しかも速い末脚が必要な
当レース」に対応するのは
なかなか難しい事なのかも
しれません。

以上4点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。