『スプリンターズSのデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第52回スプリンターズSの、

10年データを調べてみました。

 

スプリントの王者を決める、

秋に入り最初のG1レースです。

 

過去にも多くのリッチ配当が出ているだけに、

どんな配当になるのか楽しみですし、

楽しみなメンバーが揃っていますので、

今年のレースの内容も非常に興味深いですよね。

 

 

では中山開催での過去9年分を振り返っていきましょう。

 

まずは年齢別成績。

 

3歳【0-0-1-9】

4歳【3-2-4-14】

5歳【3-5-3-31】

6歳【2-0-1-30】

7歳【0-2-0-22】

8歳【1-0-0-7】

 

データで見ると4歳、5歳の充実期にあたる馬たちが好走しています。

 

今年は4歳馬の出走がないので、

とりあえずの中心は5歳馬になりそうですね。

 

 

次に前走レース別成績。

 

セントウルS

【4-3-3-49】

キーンランドカップ

【1-3-4-29】

安田記念

【1-1-0-5】

CBC賞

【1-0-0-1】

北九州記念

【1-0-0-7】

 

母数の多さもそうですが、

セントウルS、キーンランドCを走った馬が活躍しています。

 

 

次は当日人気別成績を見ていきましょう。

 

1番人気

【4-1-0-4】

2番人気

【1-4-0―4】

3番人気

【2-1-0-6】

4番人気

【0-0-0-9】

5番人気

【0-1-0-8】

6~9番人気

【1-1-8-26】

10番人気以下

【1-1-1-58】

 

1番人気は勝つか負けるかという感じですね。

 

リッチ配当を狙うなら、

下位人気馬との組み合わせはマストのようです。

 

 

最後に枠順別成績。

 

1枠【1-1-0-16】

2枠【0-2-3-13】

3枠【0-0-3-15】

4枠【2-1-0-15】

5枠【2-1-0-14】

6枠【0-0-1-17】

7枠【3-2-2-10】

8枠【1-2-0-15】

 

枠順では1枠~3枠で1勝、

4枠から外枠では8勝挙げていることから、

中心は外枠に入った馬と考えていいでしょう。

 

 

以上、スプリンターズSの10年データ予想でした。

 

それではまた。

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。