『ポートアイランドSの穴馬探し予想PART1』シベリアン

「ポートアイランドS」の
穴馬探しをお届けします。

ポートアイランドSは
9月30日(日)に
阪神のメーンとして行われる
マイルのオープン特別です。

普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
お届けしている当欄ですが、
平地3重賞が施行されない週は
さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

次週末に行われる平地重賞は
スプリンターズS、
シリウスSの2クラのみ。

そこで今週は、日曜の
ポートアイランドSの
展望もお伝えします。

早速、当レースの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
「渋いサンデー」が大活躍

→阪神の芝1600mは
「父サンデー系」の
馬が非常に強いコース。

当レースにもそれが
しっかり反映されており
近5年好走馬15頭のうち
13頭が、下記のように
父サンデー系の馬です。
(☆印の馬)

13年1着馬 ☆ 父 ステイゴールド
13年2着馬 ☆ 父 マンハッタンカフェ
13年3着馬 ☆ 父 ディープインパクト
14年1着馬 ☆ 父 ダイワメジャー
14年2着馬 ☆ 父 ゼンノロブロイ
14年3着馬 ☆ 父 ダイワメジャー
15年1着馬   父 リダウツチョイス
15年2着馬 ☆ 父 スズカフェニックス
15年3着馬 ☆ 父 ハ-ツクライ
16年1着馬 ☆ 父 ステイゴールド
16年2着馬 ☆ 父 ステイゴールド
16年3着馬 ☆ 父 ブラックタイド
17年1着馬   父 アドマイヤムーン
17年2着馬 ☆ 父 マツリダゴッホ
17年3着馬 ☆ 父 リーチザクラウン

ただ、上記のように
サンデーはサンデーでも
スタミナやパワーに偏った
「渋い・重い」サンデー系を
父に持つ馬が多いのが特徴。

昨年も2着3着に走ったのは
マツリダゴッホ産駒&
リーチザクラウン産駒という
何とも渋いサンデーでした。

ちなみに瞬発力やキレを
活かすディープ産駒は
下記のように(0.0.1.8)と
大不振。人気馬も圏外に
消えています。昨年も
1番人気サトノラ-ゼンを
含む3頭が出走しましたが
見事に総崩れ!

13年 ヒストリカル     3着 3番人気
14年 サトノルパン     4着 4番人気
14年 トーセンレ-ヴ    7着 5番人気
15年 ケイティープライド  4着 6番人気
15年 マウントシャスタ  16着 8番人気
16年 リーサルウェポン  11着 5番人気
17年 ラングレー      7着 10番人気
17年 サトノラ-ゼン    8着 1番人気
17年 ミッキージョイ   11着 5番人気

当レースは、スピードの
持続力を中盤~後半で
競いあううえに(後述する
馬場の影響も受ける事で)
ソコソコ速い時計も出るため、
レースの中身はタフです。

ゆえにキレや瞬発力だけでは
なく、パワーやスタミナも
十分備えている渋い&重い
サンデー系のほうが走れる、
ということ。逆に、軽めの
資質「のみ」のディープは
苦戦している、という事だと
考えます。

今年はディープ産駒の出走は
ありませんが、ディープ産駒の
ように軽い資質の馬の評価は
一枚落としたいところ。
軸は「渋いサンデー」から
取るつもりです。

【ポイント2】
「過剰人気の3歳馬」が
大苦戦

→近5年の当レースに
出走した「3歳馬」13頭の
全成績を診てください。

13年 レッドアリ 13着 1番人気★
13年 コパノリチ 16着 2番人気★
14年 アズマシャ 2着 6番人気
14年 サトノルパ 4着 4番人気
14年 ダンスアミ 5着 2番人気★
14年 ショウナン 13着 7番人気
15年 グァンチャ 10着 3番人気★
15年 ダノンメジ 5着 4番人気
16年 ブラックス 4着 1番人気★
17年 キョウへイ 3着 8番人気
17年 ウゼットジ 5着 6番人気
17年 アメリカズ 10着 7番人気
17年 ボンセルヴ 12着 2番人気★

3歳馬は(0.1.1.11)と
成績平凡ですが、それ以上に
気になるのは「人気馬」の
凡走が多い事です。

★印=3番人気以内に
推されたものの、馬券に
絡めなかった人気馬ですが
凡走11頭中6頭を占めました。
これはちょっと多すぎます。

G1裏のオープン特別ゆえ
このレースに出走する
古馬=マンネリ感が漂う
パッとしない印象の馬。

ゆえにフレッシュ感が
ある3歳馬が過剰に人気を
集める傾向があるワケですが
じつは、その「期待感」に
3歳馬があまり応えきれて
いないのです。

今年出走の3歳馬は
1頭のみの予定ですが、
過剰な期待は禁物と診ます。

【ポイント3】
意外に?「先行馬」が
大活躍

→秋の阪神「最終日」に
行われるレースですから
馬場の内が荒れ、外から
差す馬に利がある…と
どうしても考えがちですが
近年の当レースは、そんな
差し有利の傾向がハッキリ
薄れてきています。

近5年の好走15頭の脚質を
診てください。

13年1着馬 差し 13番人気
13年2着馬 先行  5番人気
13年3着馬 追込  3番人気
14年1着馬 先行  3番人気
13年2着馬 差し  6番人気
13年3着馬 先行  1番人気
15年1着馬 先行  1番人気
15年2着馬 先行 14番人気
15年3着馬 先行 11番人気
16年1着馬 逃げ  3番人気
16年2着馬 先行 11番人気
16年3着馬 差し  4番人気
17年1着馬 先行  9番人気
17年2着馬 逃げ  3番人気
17年3着馬 追込  8番人気

一昨年は、逃げた馬&
3番手追走の先行馬でワンツー。

昨年も、逃げた馬&
2番手追走の先行馬でワンツー。

年を追うごとに先行有利の
傾向が強まっている印象です。
穴も数多く空けています。

以前の阪神の芝は
開幕から2~3週使い込むと
内の芝が荒れ、最終週は
外差しがよく効きました。

しかし近年はそれが変化。
芝の保全技術が向上して
「荒れやすかった」阪神も
3週使った程度であまり
荒れなくなりました。

むしろ、週を追うごとに
内が踏み固められる事で
内を通った先行馬に利が
もたらされるようになって
いる印象すらあります。
速い時計も出ます。

そのため、当レースでも
「前々の馬」が(馬場の
恩恵を受けて)スピードに
乗り、経済コースを通って
そのまま止まらずゴールへ
雪崩れ込むケースが増えて
いるのです。

以上3点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。