『府中牝馬Sの穴馬探し予想PART1』シベリアン

「府中牝馬S」の
穴馬探しをお届けします。

府中牝馬Sは
10月13日(土)に東京で
行われる牝馬限定の重賞です。

エリザベス女王杯や
マイルCSへの、重要な
ステップ戦となります。

早速、府中牝馬Sの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
先週の毎日王冠と同じく
「マイル重賞」実積馬に
要注目

→同舞台&同距離の重賞・
毎日王冠と同じく、この
府中牝馬Sでも「マイル重賞で
好走実績のある馬」がよく
走る傾向があります。

実際に近5年の府中牝馬Sで
馬券圏に好走した15頭の
うち、半数以上の8頭が
それまでにマイル重賞で
馬券圏に好走した実績を
持つ馬でした。昨年も
「該当馬」が1着&3着。

そして、先週の毎日王冠も
あえてダブル推奨した
「いかにもマイラー」な
2頭がきっちりワンツー。

毎日王冠・府中牝馬Sでは
「マイラー」を狙うべし、
なのです。

芝を更新した直後の時期で
1年を通して診ても屈指の
要スピード馬場と化すのが
この時期の東京ですから、
距離分以上のスタミナでは
なく、マイラーが備える
ハイスピードの持続力
(&それを支えるパワー)が
活きやすいのでしょう。

【ポイント2】
ヴァイスリージェント!

→当レースにおける
非常に大切なポイント。

下記のように府中牝馬Sでは、
「ヴァイスリージェントの
血を父or母父に備える馬」が
頻繁に好走しているのです。

09年 3着 レジネッタ     11番人気
10年 3着 スマートシルエット  2番人気
11年 2着 アニメイトバイオ   4番人気
12年 2着 スマートシルエット  5番人気
13年 1着 ホエールキャプチャ  5番人気
14年 2着 ホエールキャプチャ  2番人気
15年 1着 ノボリディア-ナ  11番人気

このように、2009年から
2015年まで7年続けて
毎年1頭ずつ、馬券に
絡み続けました。この血を
含む馬の出走数じたいが
多くありませんから尚更、
当傾向は注目に値します。

ここ2年は残念ながら
該当馬が好走していませんが
昨年・一昨年とも該当馬は
1頭。昨年のバンゴール、
一昨年のハピネスダンサ-は
ともに展開に泣いた面も
大きかったですし、そもそも
ヴァイスリージェントを
含む馬が東京・新潟など
左回り芝1600~1800mに
強い傾向が今も続いて
いますので、あえて当傾向に
引き続き注目します。

特に今の時期の
東京芝1600~1800mは
ハイスピードの持続性が
勝敗を分けるポイント。
それを「下支え」する
パワーも必要となるため、
ヴァイスリージェントの
特性が活きるワケです。

しかもココはタフさが増す
牝馬重賞。ゆえにこの血を
持つ馬のアドバンテージが
より増しているのでしょう。

また、上記好走7頭の中に
1番人気馬は皆無。つまり
「妙味」の点でも気にかけて
おきたい当傾向と言えます。

【ポイント3】
前走「G1出走馬」が
大不振

→タイトルどおり。
前走の「レース格」別の
成績を見てください。

G1    複勝率11% 1.0.1.17
G2    複勝率27% 1.1.1.8
G3    複勝率19% 4.6.5.64
オープン  複勝率36% 2.2.1.9
準オープン 複勝率11% 2.0.1.24

このように、なんと
前走G1組が最も低い
複勝率アベレージです。
(1.0.1.17)と大不振。
しかも1・2番人気の馬が
何頭も含まれています。

前走でG1に出走していた
ような「格上馬」ほど
このレースは叩き台であり、
勝負気配が薄いがゆえの
この傾向なのでしょう。

【ポイント4】
関西馬強し

→近10年の当レースの
東西別成績は下記のとおり。
ダブルスコアで関西馬が
完全に圧倒しています。
「勝ち切る」のが特徴。

関西馬 複勝率25% 8.7.7.67
関東馬 複勝率12% 2.3.3.59

以上4点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。