『菊花賞のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第79回菊花賞の、

10年データを調べてみました。

 

昨年は下位人気馬の激走により、

50万馬券も出たので、

今年も注意深くデータを見ていきたいですね。

 

ではまずは、

枠順別データから見ていきましょう。

 

1枠【3-1-1-15】

2枠【3-3-0-14】

3枠【1-0-1-18】

4枠【0-0-0-20】

5枠【0-1-2-17】

6枠【0-2-2-16】

7枠【3-2-3-22】

8枠【0-1-1-28】

 

データで見ると内枠の好走が目立つのが分かります。

 

中枠発走での勝利がないので、

軸馬は内枠、もしくは7枠に入った馬に注目するべきかもしれません。

 

 

次に前走間隔

 

2週

【0-0-0-8】

3週

【0-0-2-13】

4週

【9-6-5-59】

5~9週

【1-4-3-66】

10~25週

【0-0-0-3】

 

ここではハッキリとデータが出ました。

 

間違いなく狙い目は前走から4週空いている馬になりますので、

絞りやすいデータです。

 

 

次に前走着順。

 

1着

【6-1-5-43】

2着

【1-4-1-17】

3着

【3-3-1-13】

4着

【0-0-1-13】

5着

【0-0-1-11】

6~9着

【0-1-1-33】

10着以下

【0-1-0-20】

 

ここも絞りやすいですね。

 

前走で馬券に絡んでいる馬の成績が良く、

それ以下は微妙です。

 

昨年2着のクリンチャーは前走で9着ではありましたが、

ここは固く前走成績の良い馬を中心に考えるべきと思います。

 

 

最後に前走開催場所別データ。

 

札幌【0-1-1-10】

新潟【0-0-1-7】

中山【1-3-1-49】

阪神【9-6-7-71】

 

圧倒的に前走阪神組が、

好走しているのが分かります。

 

色々考えてはみましたが、

ここはシンプルに阪神競馬場を走ってきた馬を、

狙うのがベターですね。

 

以上、菊花賞の10年データ考察でした。

 

それではまた。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?