『アルゼンチン共和国杯の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「アルゼンチン共和国杯」の
穴馬探しをお届けします。

アルゼンチン共和国杯は
11月4日(日)に東京で
行われる芝2500mの
ハンデ重賞です。

今年はG1「JBC競争」の
ウラ開催として行われる
ことになりました。

さっそく、当レースの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
今年は「鞍上配置」の
動向に注視したい

→今年の当レースは
G1「JBC競争」の
ウラ開催として行われる
ことになりました。

JBC=G1が同日に3つも
行われますから、当日は
大半の一流騎手が京都で
乗ることになります。

また、この週から
東日本エリアでは「秋の
福島」も始まりますので
11月4日(日)の東京は
基本的に騎手不足の状況。

そんな状況下ですから、
このレースで主戦騎手が
継続騎乗してきた馬や
明らかに鞍上強化してきた
馬は、今回については
「勝負気配が強い」と診て
いいのではないでしょうか。
今年は、鞍上配置の動向を
注視したいと思っています。

【ポイント2】
グレイソヴリン持ちの
スタミナ馬を狙いたい

→当レースの血統面に
おける重要ポイント。
2009年以降、下記の
ように毎年最低1頭ずつ
グレイソヴリン持ちの
馬が好走しています。

09年2着 アーネストリー  母父グレイソヴリン系
09年3着 ヒカルカザブエ   父グレイソヴリン系
10年1着 ト-センジョー   父グレイソヴリン系
11年2着 オウケンブルー   父グレイソヴリン系
12年1着 ルルーシュ    母父グレイソヴリン系
13年2着 アドマイヤラク 父母父グレイソヴリン系
13年3着 ルルーシュ    母父グレイソヴリン系
14年1着 フェイムゲーム 父母父グレイソヴリン系
15年3着 レ-ヴミストラ  母父グレイソヴリン系
16年1着 シュヴァルグラ 父母父グレイソヴリン系
16年2着 アルバート   父母父グレイソヴリン系
17年1着 スワ-ヴリチャ 父母父グレイソヴリン系

このように、毎年必ず
グレイソヴリン関連馬が
馬券に絡んでいますが
他にもサドラーズウェルズ、
ステイゴールド、さらに
エリシオなど「ベタな
スタミナ血統」の好走が
非常に多いのも当レースの
特徴です。

アルゼンチン共和国杯の
舞台=東京芝2500mは
ステイヤーが強い舞台。

東京芝2400m戦では
マイラーや中距離馬も
けっこう好走できますが
僅か100mの距離の違いで
好走するために要る素養が
全く違い、ステイヤーの
天下となるのです。

2400mは、直線の坂を
上りきったところから
スタートする(=最初に
馬力が要らない)うえに
スローの瞬発力戦が多め。
距離ぶんのスタミナは
あまり必要とされません。
よってマイラーも走れます。

しかし、2500mは坂の
「下」からスタート=
スタートしていきなり
上り坂。つまり最初から
馬力が必要とされます。

しかも坂を2度上ることに
なるうえに、平均ペースで
流れる事が多いですから
距離分のスタミナが必要。
マイラーでは、とても
走れません。ステイヤーの
スタミナが活きるのです。

僅か100mの距離の違いでも
レースの中身の厳しさが
「100mぶん以上」違う、と
いうコト。2500m戦は
2400m戦よりもレース質が
タフでスタミナが必要です。

そのため、東京2500mの
当レースでグレイソヴリンを
主とする「スタミナ色の強い
血統」の台頭が非常に多く
なっているワケです。

【ポイント3】
「ステイヤー」を狙いたい

→上記【ポイント2】と深く
関連しますが、当レースで
馬券圏に好走する馬の大半は
「芝2600m以上の重賞・
オープン特別」で好走した
実績を既に持っている馬です。
中距離実績は全く関係ナシ。
過去成績で狙い馬を定めたい
方は、この点に注意です。

【ポイント4】
軽ハンデ馬が
あまり走らない

→過去10年のハンデ別・
成績は下記のとおりです。

52キロ以下  複勝率 8%  0.0.2.22
53・54キロ  複勝率 7%  1.1.1.41
55キロ    複勝率29%  1.3.4.20
56キロ    複勝率27%  4.3.1.22 56.5キロ含む
57キロ    複勝率14%  2.1.0.19 
57.5キロ以上 複勝率27%  2.2.2.16

ハンデ重賞ですが
54キロ以下の軽ハンデ馬の
台頭が非常に少なく、逆に
55キロ以上を背負った馬の
成績が良いのが特徴です。

特に近年は、ハンデ戦でも
実力馬に極端に重いハンデが
付くことが無いですので、
実力上位馬がソコソコの
斤量を背に比較的容易に
好走するケースが多めですが、
当レースもその傾向が顕著に
現れています。

【ポイント5】
3・4歳馬が非常に強い

→過去10年の馬齢別成績は
下記のとおりです。
4歳馬がなんと11連対。
つまり連対馬の半分以上が
4歳馬です。3歳馬も大健闘。

3歳   複勝率80%  1.0.3.1  
4歳   複勝率40%  7.4.4.23
5歳   複勝率14%  0.4.3.42
6歳   複勝率11%  2.2.0.30
7歳上  複勝率 0%  0.0.0.44

収得賞金の関係などで
G1に出たくても出られない、
しかし実力は十分の若い馬が
ココへ出てきて好走…という
「パターン」がある一戦です。

以上5点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。