『エリザベス女王杯のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第43回エリザベス女王杯の、

10年データを調べてみました。

 

アーモンドアイが出走しないので、

かなりの混戦模様になりそうですね。

 

しかも当レースの1番人気は、

中々勝ちきれていない印象があるので、

データをしっかりと紐解いていきましょう。

 

 

まずはその当日人気別成績。

 

1番人気

【1-4-2-3】

2番人気

【1-2-2-5】

3番人気

【2-0-1-7】

4番人気

【2-0-2-6】

5番人気

【1-0-2-7】

6~9番人気

【2-2-1-35】

10番人気以下

【1-2-0-81】

 

1番人気の複勝率はなんと70%ですが、

それに比べると勝率がかなり低いですね。

 

しかしながら馬券には絡んでくる確率が高いので、

しっかりと押さえておきたいところです。

 

 

次は年齢別成績。

 

3歳【4-4-3-37】

4歳【4-3-6-42】

5歳【2-2-1-47】

6歳【0-1-0-11】

7歳【0-0-0-6】

 

勢いのある3歳、4歳馬を中心に考えたほうが良さそうで、

6歳以降は消しても大丈夫そうなデータになりました。

 

絞り込みやすくするために、

単勝回収率は高いですが、

5歳馬の他のデータで良いものがなければ、

消すのもアリですよね。

 

 

最後に前走クラス別成績。

 

G1【3-3-5-29】

G2【5-5-3-51】

G3【0-1-1-25】

OP特別【0-0-0-7】

条件戦【0-1-1-27】

海外【2-0-0-5】

 

やはり格の高いG1、G2組が馬券に絡む確率が高いですね。

 

勝率などではどちらも同じくらいの成績なのですが、

過去の10年データでは、

前走G2組は単勝回収率200%と、

魅力的な数字でした。

 

条件が当てはまれば、

積極的に狙っていきたいですね。

 

秋の女王はどの馬になるのでしょうか?

 

2年連続で10万馬券も出ているので、

今年も狙っていきたいですね。

 

以上、エリザベス女王杯の10年データ考察でした。

 

それではまた。

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?