『ジャパンカップのデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第38回ジャパンカップの、

10年データを調べてみました。

 

いよいよジャパンカップが、

始まりますね。

 

人気や実力を兼ね備えている馬たちの対決は、

ワクワクしますし、

その反面、予想は難しくなりますので、

しっかりデータを確認しながら挑みましょう。

 

 

ではまずは前走間隔データ。

 

2週

【0-1-0-5】

3週

【1-0-1-23】

4週

【5-5-7-53】

5~9週

【4-4-2-52】

 

間違いなく狙い目は、

前走から4週~9週、間隔が空いている馬で、

それ以外は切って問題はなさそうですね。

 

 

次に前走場所別データ。

 

東京【6-5-8-62】

京都【4-2-1-26】

 

データを見ると、

前走で東京、京都以外を走ってきた馬の勝ちはありません。

 

なので海外レースをしてきた馬たちを買うなら、

注意する必要がありそうです。

 

 

次は枠順別データ。

 

1枠【3-2-3-12】

2枠【1-0-2-17】

3枠【2-1-2-15】

4枠【1-0-0-19】

5枠【0-3-0-17】

6枠【0-1-0-18】

7枠【1-0-2-22】

8枠【2-3-1-23】

 

好走枠は1~3枠の内枠と、

大外の8枠というデータになりました。

 

昨年のジャパンカップの1,2着馬だった、

シュヴァルグランとレイデオロは1枠。

 

昨年のオークスの1,2着馬も1枠と、

距離ロスもなく、

最もレースをしやすいのは1枠なのかもしれませんね。

 

 

最後に前走着順別データ。

 

1着

【3-3-6-26】

2着

【2-1-0-25】

3着

【2-1-1-7】

4着

【2-2-0-11】

5着

【0-1-0-13】

6~9着

【1-1-2-34】

10着以下

【0-1-1-27】

 

 

データを見る限り、

調子を維持できている馬が好走してくるのが分かりますので、

前走4着以内に入っている馬を中心に、

馬券を購入したほうが良さそうです。

 

 

躍進を続けるアーモンドアイに、

完全復活に期待がかかるサトノダイヤモンドと、

楽しみなメンバーが揃っているので、

しっかりと好走馬を見極めたいですね。

 

以上、ジャパンカップの10年データ考察でした。

 

それではまた。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?