『ホープフルステークス2018の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「ホープフルS」の
穴馬探しをお届けします。

ホープフルSは
12月28日(金)に中山で
行われる、2歳G1です。

2歳重賞&GIの乱立問題。
そして何よりも「有馬の
後にも競馬を開催する」
ことじたいの問題。

競馬ファンの大多数が
納得できない2つの問題を
抱えるなかで行われる、
「歓迎されていないGI」
ホープフルS。

来年も続行のようですが
数年後にはこの両問題とも
クリアされた状態で、
ホープフルSが行われている
ことを願うばかりです。

なお、この「12月28日の
G1ホープフルS開催」は、
有馬の12月28日固定開催を
強く希望する中山馬主協会と、
平日の有馬記念開催を絶対に
避けたいJRA双方の妥協点と
して設定されたとのコト。

どちらがズレているかは、
明白とも言えます。

さて、G1に昇格して
まだ2年目の当レース。

一昨年までとはレースの
格がまったく異なるため
一昨年までのレース結果は
参考にできません。

そこで今回は、今開催の
中山芝2000m戦での
「好走馬の血統傾向」に
ついてお伝えします。

今開催の中山芝2000m戦で
馬券圏に好走した全21頭の
「父」を診てください。

12/01(土)03R 1着馬 ハ-ツクライ    
12/01(土)03R 2着馬 クロフネ
12/01(土)03R 3着馬 ロジユニヴァース
12/01(土)09R 1着馬 ダンカーク
12/01(土)09R 2着馬 キングカメハメハ
12/01(土)09R 3着馬 ディープインパクト
12/02(日)06R 1着馬 オルフェ-ヴル
12/02(日)06R 2着馬 ナカヤマフェスタ
12/02(日)06R 3着馬 ドリームジャーニー
12/08(土)09R 1着馬 ステイゴールド
12/08(土)09R 2着馬 マンハッタンカフェ
12/08(土)09R 3着馬 マンハッタンカフェ
12/09(日)03R 1着馬 ディープインパクト
12/09(日)03R 2着馬 ディープインパクト
12/09(日)03R 3着馬 ハ-ビンジャー
12/15(土)07R 1着馬 ハ-ツクライ
12/15(土)07R 2着馬 ヴィクトワ-ルピサ
12/15(土)07R 3着馬 グラスワンダー 
12/23(日)03R 1着馬 ディープインパクト
12/23(日)03R 2着馬 スクリーンヒーロー
12/23(日)03R 3着馬 ディープインパクト

上記の結果をまとめますと…

・スタミナ系種牡馬の好走が
 意外に少ない

・ディープ産駒の好走が
 意外に多い

昨年の同時期ですと、
中山芝2000m戦8クラで
馬券圏に好走した24頭の
うち、じつに10頭が
ハ-ツクライ産駒 or
ハ-ビンジャー産駒 or
ステイゴールド産駒。

好走馬の4割以上を、
その「スタミナ御三家」の
種牡馬の産駒が占めていた
コトになります。

しかし、今年の場合は
「スタミナ御三家」の
産駒の好走が21頭中、
僅か4頭だけ。好走率は
19%。今冬は明らかに
スタミナ系種牡馬の仔の
好走が減っています。

逆に台頭しているのが
ディープ産駒だったり、
パワー系種牡馬の
仔だったり。

今冬の中山の芝は、
例年より明らかに
芝の密度が濃いめです。
しかも時計が速い。

つまり「馬場が荒れて
スタミナが要る状況」には
なっていないものの、
芝が生え揃っていて
時計が速い=要パワーの
状況にはなっているため、
パワー系種牡馬の仔が
よく走っており、また
ディープ産駒の速力でも
対応できている反面、
「速さ」の面でやや鈍い
スタミナ御三家の産駒の
戦績が伸びていないのでは
ないでしょうか。

今年は、昨年と今年の
馬場の違い?にも留意して
推奨馬をチョイスしたいと
考えています。

以上の点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。