『根岸ステークス2019のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第33回根岸ステークスの、

10年データを調べてみました。

 

年明け最初のG1レースであるフェブラリーSへの、

ステップレースとして、

とても重要な1戦になります。

 

私たちもフェブラリーSの前哨戦として、

しっかりデータ分析をし、

今のうちにこのコースの好走馬を

見極めていきましょう。

 

 

まずは前走着順別データ。

 

1着

【3-7-2-30】

2着

【1-2-1-17】

3着

【3-0-2-10】

4着

【2-0-0-9】

5着

【0-0-1-8】

6~9着

【1-1-3-26】

10着以下

【0-0-1-24】

 

 

やはり前走で好走している馬の成績は良く、

前走4着以上だった馬を中心に考えていきたいですね。

 

その他の条件次第では、

5着以下はバッサリ切っても良さそうです。

 

 

次に前走距離別データ。

 

同距離

【3-5-4-48】

今回延長

【1-3-1-51】

今回短縮

【6-2-5-27】

 

10年データ分析上は、

今回距離を延長してきた馬の成績が良くありませんでした。

 

逆に距離短縮の馬は、

勝率15.0%、連対率20.0%、複勝率32.5%と、

なかなか信頼できる数字になっているのではないでしょうか。

 

今回延長した馬を除けば、

ここも絞り込めるポイントになりそうです。

 

 

最後に年齢別データ。

 

4歳【2-2-1-11】

5歳【4-4-2-21】

6歳【3-2-2-38】

7歳【1-1-1-27】

8歳【0-1-4-14】

 

 

勝率、連対率の数字で見ると、

4歳馬、5歳馬がほぼ互角の数字でした。

 

そして8歳馬の複勝率が26.3%と、

勝利こそありませんが、

馬券には絡んでいますので、

他条件も見極めた上で判断していきたいですね。

 

昨年はノンコノユメ、

2年前はモーニンが根岸Sを勝利した後に、

フェブラリーSを制していますので、

本番を占う意味でもかなり注目の1戦です。

 

近年の決着傾向は、

差し追い込み馬が優勢でありますので、

ここもポイントの1つとして、

楽しみながら予想していきましょう。

 

それではまた。

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?