『根岸ステークス2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「根岸S」の穴馬探しを
お届けします。

根岸Sは1月27日(日)に
東京ダート1400mで
行われるG3重賞。
フェブラリーSへの
ステップレースです。

早速、当レースの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
差し追込が非常に
よく届くレース

→近5年の好走馬15頭の
うち、じつに10頭が
4角地点「9番手」より
後ろのポジションから
差し込んできた馬でした。

逆に、4角先頭&2番手に
つけた馬は近5年全滅中。

しかも、その「差して
好走した10頭」各々の
直近履歴を診ると
下記のように「前走or
前々走でも、後方から
差して掲示板に乗って
いた」馬が大半です。

14年 1着 ゴールスキ  前走…4角12番手4着
14年 3着 シルクフォ  前走…4角13番手3着
15年 1着 エアハリフ 前々走…4角10番手1着
15年 2着 ワイドバッ 前々走…4角16番手1着
15年 3着 アドマイヤ 前々走…4角4番手3着
17年 1着 カフジテイ 前々走…4角16番手3着
17年 3着 エイシンパ  前走…4角15番手2着
18年 1着 ノンコノユ 前々走…4角10番手4着
18年 2着 サンライズ  前走…3角11番手(マクリ)2着
18年 3着 カフジテイ 前々走…4角16番手5着

シルクフォーチュン、
ワイドバッハ、
カフジテイク、
そしてノンコノユメ…。
名前を聞くだけでも
「いかにも」な差し馬が
顔を揃えていますが、
ともあれ前走or前々走で
後方から差して掲示板に
乗った「いかにも」な
差し馬の差しが根岸Sで
よく届いている、という
コト。

近況「差して好走していた」
履歴の馬を要マークです。

【ポイント2】
「前年秋の武蔵野S」に
大きなヒント有り?

→近5年の根岸Sでは
「前年秋の武蔵野Sで
惜しくも勝てなかったが
4着以内に健闘した馬」が
下記のように、なんと
5年連続で優勝しています。

14年根岸1着 ゴールス →13年武蔵野4着(差し届かず)
15年根岸1着 エアハリ →14年武蔵野2着(好位伸びず)
16年根岸1着 モ-ニン →15年武蔵野3着(好位伸びず)
17年根岸1着 カフジテ →16年武蔵野3着(差し届かず)
18年根岸1着 ノンコノ →17年武蔵野4着(差し届かず)

しかも、上記のように
前年の武蔵野Sで
「差し届かず」に
僅差負けしていた馬が
多かったのが特徴です。

つまり、ペースが落ち着く
ことも多い武蔵野Sでは
差し届かなかったものの
実力一本で掲示板は確保して
いた馬が、ペースが速まる
根岸Sでは差し届くことが
多い、ということ。

今年も、このパターンに
該当する馬には注意です。

【ポイント3】
「距離短縮組」が
非常に強い

→根岸Sは前走から距離を
縮めて出走してきた馬の
成績が優秀です。

近10年の出走全馬の
「前走距離」別全成績を
診てください。

●前走1200m  複勝率 9% 1.3.1.51
●前走1400m  複勝率20% 3.5.4.48
●前走1600m超 複勝率33% 6.2.5.26

キレイに「前走の距離が
長かった馬ほど好成績」な
傾向が現れています。

根岸Sはタフなレースゆえ
前走で「長めの距離を
走っていた」馬=一定の
スタミナを備えている
ような馬に利がある、と
いうことなのでしょう。

【ポイント4】
関東馬が不振

→近10年の出走馬の
東西別成績を見てください。

関西馬 複勝率24% 9.10.9.88
関東馬 複勝率 6% 1.0.1.33  
地方馬 複勝率 0% 0.0.0.9 

昨年こそ関東馬が
勝ちましたが基本的には
かなり「東高西低」の
傾向が大きいレース。
ココまで東西差が大きい
重賞はさすがに稀です。

もともと、ダート短距離=
他ジャンル以上に関西馬が
強い分野。東西トレセンの
坂路の「構造」の違いが
そのまま成績の違いとして
現れやすいのでしょう。

ゆえに根岸Sでも関西馬が
断然強い傾向が発生して
いるということ。これほど
極端な傾向が出ていれば、
素直に関西馬に加点する
策がベターでしょう。

ですから、当レースでは
穴も当然「関西馬」が
あけています。近10年の
当レースで「7番人気以下」で
3着以内に好走した8頭=
全て関西馬です(下記)。

09年 セントラ 関西馬 1着  7番人気   
10年 グロリア 関西馬 1着 11番人気
11年 ダイショ 関西馬 3着 10番人気  
12年 トウショ 関西馬 2着  9番人気
13年 セイクリ 関西馬 3着 10番人気
14年 ノーザン 関西馬 2着  8番人気
15年 アドマイ 関西馬 3着 15番人気
16年 グレープ 関西馬 3着 10番人気

以上4点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。