『東京新聞杯2019のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第69回東京新聞杯の、

10年データを調べてみました。

 

このレースは、

1番人気がなかなか勝ちきれないことが特徴として挙げられます。

 

つまり隠れている実力馬を見抜くことができれば、

リッチ配当もありえますので、

しっかりとデータ分析をしていきたいですよね。

 

 

まずはその当日人気別データ。

 

1番人気

【0-1-2-7】

2番人気

【2-0-2-6】

3番人気

【3-1-0-6】

4番人気

【0-1-1-8】

5番人気

【3-3-1-3】

6~9番人気

【2-3-3-32】

10番人気以下

【0-1-1-58】

 

勝率が0%というデータからも、

1番人気の信頼のなさと、

当レース1桁人気馬には、

どれにもチャンスがあることが分かります。

 

特に5番人気馬の好走率がやや高いのも、

頭の片隅に置いておくといいかもしれません。

 

 

次に前走着順別データ。

 

1着

【3-3-1-19】

2着

【2-1-2-9】

3着

【0-0-2-11】

4着

【0-0-1-7】

5着

【2-2-2-9】

6~9着

【3-3-1-28】

10着以下

【0-1-1-37】

 

データ上では前走1着、2着馬が、

そのままの勢いで好走しているのが分かりますが、

やはり注目したいのが5着~9着に敗れている馬。

 

昨年の勝ち馬リスグラシューも、

前走のエリザベス女王杯では8着と凡走に終わってしまいました。

 

やはりここは前走で凡走した馬の中から、

好走馬を見極めことが重要になりそうです。

 

 

続いて枠順別データ。

 

1枠【1-1-3-18】

2枠【1-3-0-13】

3枠【4-2-0-13】

4枠【3-0-2-14】

5枠【0-1-1-17】

6枠【0-1-2-16】

7枠【0-2-1-17】

8枠【1-0-1-17】

 

データ上では、

1枠~4枠の複勝率27.4%

5枠~8枠の複勝率13.0%と、

明らかに内枠が有利な傾向。

 

勝ち馬もここ10年で、

5枠~8枠からは1頭しか出ていないので、

内枠馬を中心の考えたほうが良さそうですね。

 

 

最後に年齢別データ。

 

4歳【4-4-4-24】

5歳【2-3-5-31】

6歳【4-2-0-29】

7歳【0-1-1-26】

8歳【0-0-0-9】

 

4歳馬の複勝率が33.3%と、

若いほうが走るといったデータですね。

 

やはりベテラン勢は中々厳しい数字になっています。

 

1番人気が頼りにならない東京新聞杯で、

どの馬を中心に組み立てますか?

 

穴馬を見つけたときの興奮はたまらないので、

しっかり分析し挑みたいですね。

 

それではまた。

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?