『中山記念2019のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第93回中山記念の、

10年データを調べてみました。

 

固い決着になることの多い中山記念ですが、

2010年には3連単で50万オーバーのリッチ馬券も出ているので、

荒れたときは高配当が期待できるということになりますね。

 

過去のデータを紐解き、

今年の好走馬を見抜ければ高配当もあり得るので、

しっかりと過去を振り返っていきましょう。

 

 

 

まずは前走距離別データ

 

同距離

【0-2-0-9】

距離延長

【2-2-7-20】

距離短縮

【8-6-3-62】

 

10年データを見ると、

前走より短い馬の好走が目立ちます。

 

直線には急坂もある分、

スタミナやパワーが必要になるので、

前走より距離を短くしている馬のほうが、

最後まで走り切れるのかもしれませんね。

 

 

次に前走クラス別データ。

 

G1

【6-4-2-22】

G2

【0-1-3-20】

G3

【2-4-4-30】

OP特別

【1-1-0-16】

1600万下

【0-0-0-2】

海外

【1-0-1-2】

 

G1を出走してきた馬の成績が良うですね。

 

なんと複勝率は35.3%と、

ダントツでした。

 

次に好走率が高いのが複勝率25.0%のG3組なので、

人気が集まりそうではありますが、

ここら辺を馬券の中心に組み立てるのが無難かもしれません。

 

1600万以下は馬券に絡んでいないので、

切っても良さそうですね。

 

 

最後に年齢別データ。

 

4歳【4-2-4-17】

5歳【3-3-1-18】

6歳【2-4-2-26】

7歳【0-1-2-19】

8歳【1-0-1-10】

 

やはりと言うべきか、

若くて体力のある馬が馬券に絡んでいることが分かります。

 

しかし7歳、8歳馬も馬券に絡んではいるので、

簡単に切るわけにもいかなそうですね。

 

高齢でもG3以上を経験している実績馬は、

チェックしておいた方が良さそうです。

 

人気馬の活躍が目立つ中山記念で、

10年ぶりの大波乱が起きるのか非常に楽しみな一戦。

 

二月最後の競馬も楽しんでいきましょう。

 

それではまた。

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?