『ファルコンステークス2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「ファルコンS」の
穴馬探しをお届けします。

ファルコンSは
3月16日(土)に
中京芝1400mで行われる
3歳限定のG3重賞です。

土曜施行のレースですので
さっそく、当レースの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
「前走距離」に注目

→ファルコンSが
「新・中京コース」の
芝1400mで行なわれる
ようになったのが
2012年から。今年で
8年目を迎えます。

過去7年の、前走距離別の
成績を診てください。

1200m   複勝率 3% 0.0.1.28
1400m   複勝率16% 4.2.1.36
1600m超  複勝率26% 3.5.5.37

このように「前走が
1200mだった馬」の
成績が壊滅状態です。

後述しますが、この
ファルコンSはタフな
レースですから、直近で
1200m戦を使ってきた
ような純スプリンターでは
厳しい面があるのでしょう。

【ポイント2】
牝馬が全滅中

→過去7年の牡牝別成績は
下記のとおりです。

牡馬  7.7.7.85
牝馬  0.0.0.16

このように、牝馬が
全滅中。普通は短距離=
牝馬が通用するジャンルと
いわれますが、当レースに
限っては全くダメです。

相当量のパワーが必要な
中京芝1400mでのレース。
しかも、多頭数競馬に
慣れていない3歳馬による
多頭数レースです。

よって、モマレ弱い馬が
多いうえにパワー含有量でも
やや不安な馬が多い牝馬が
これほど不振なのでしょう。

今年も、牡馬から推奨馬を
選出する予定です。

【ポイント3】
「ダート好走実積」を
持つ馬に要注目

→昨年も、当項目該当馬の
ミスターメロディが快走。

当レースでは毎年のように
「ダート好走実積」がある
馬が、好走しています。

12年2着 レオンビ(12番人気) ダートで1.2.1.0
13年2着 カシノピ(11番人気) ダートで1.0.0.4
14年4着 ベルルミ(7番人気)  ダートで0.0.1.0
16年3着 シゲルノ(9番人気)  ダートで1.0.1.2
17年3着 メイソン(6番人気)  ダート重賞5着
18年1着 ミスター(3番人気)  ダートで2.2.0.0

いちばん右の着度数=
それまでのダート戦での
実績ですが、このように
その時点で「ダート馬の
趣が強い馬」が、毎年の
ように好走しています。

中京の芝1400m戦は
前傾ラップになりがち。
上がりが掛かります。
当レースも下記のように
例外ではありません。

12年 テン34.8 上がり36.8
13年 テン34.9 上がり35.5
14年 テン33.0 上がり36.3
15年 テン34.4 上がり36.9
16年 テン33.3 上がり39.7
17年 テン34.0 上がり35.3
18年 テン34.9 上がり35.5

このラップは「テンから
トバして最後はバタバタの
凌ぎあいのダート短距離」の
ラップと同質です。ゆえに
これほどダート実績馬が
好走しているのでしょう。

また、この時期の中京の
タフな馬場も影響している
可能性もありますし、
メンバー的に「ドングリの
背比べ」的レースですから
ダートで結果を出してきた
頑強さが活きやすい面も
あるのかもしれません。

いずれにせよ、これほど
毎年「該当馬」が快走して
いますので要マークです。

【ポイント4】
外枠馬がかなり低調

→前7年の枠別成績は下記の
とおり。外枠馬の低調さが
目につきます。

10番枠から内 複勝率24% 5.6.6.53
11番枠から外  複勝率 8% 2.1.1.48

このように、ほとんど
トリプルスコアの状態。
リニューアル直後は
外枠馬が強かった中京の
芝短距離でしたが、近年は
その傾向が薄れており
普通に内有利・外不利の
傾向が現れています。

【ポイント5】
逃げ馬の好走がゼロ

→「タフなレース質」が
響いているのでしょう。
当レースで逃げた馬は
前7年すべて下記のように
4着以下に潰れています。

12年 エクセルシオール 17着
13年 カシノランナウェ 14着
14年 ネロ        8着
15年 セカンドテーブル  9着
16年 ミスキララ    13着
17年 レジーナフォルテ 15着
18年 モズスーパーフレ  5着

ただ、昨年の当レースで
逃げたモズスーパーフレアは、
逃げ馬がツラい当レースでは
健闘と言える5着。来週の
高松宮記念で人気に推される
ほどの馬だけに、昨年のこの
レースですでに力の片鱗は
示していた、ということかも
しれません。

以上5点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。