『高松宮記念2019のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第49回高松宮記念の、

10年データを調べてみました。

 

明日はいよいよ春のスプリント王を決める高松宮記念が行われますね。

 

注目が集まりそうな強いスプリンターが多く揃っているので、

冷静な分析をし的中させましょう。

 

 

 

まずは前走着順別データ

 

1着

【4-5-3-21】

2着

【4-2-3―14】

3着

【0-1-0-16】

4着

【1-0-1-10】

5着

【1-1-1-9】

6~9着

【0-1-1-36】

10着以下

【0-0-1-41】

 

着順別では前走2着までの馬の好走率が目立ちます。

 

好走した勢いのまま、

結果を残すことが多いようですね。

 

注目ポイントは4~5着の複勝率が、

さほど低くないので穴馬がいるかもしれません。

 

条件次第ではチェックしておきたい所です。

 

 

次に馬体重別データ。

 

420~439kg

【0-0-0-4】

440~459kg

【0-0-1-16】

460~479kg

【1-1-2-30】

480~499kg

【5-4-2-39】

500~519kg

【2-5-4―35】

520~539kg

【2-0-1-18】

540kg以上

【0-0-0-5】

 

スプリント戦だけに、

筋肉がしっかりある体格の良い馬が好走しそうな感じです。

 

スリムな馬は消して、

480~519kgくらいなの馬を狙っていきたい所ですね。

 

 

最後に年齢別データ。

4歳【2-0-4-30】

5歳【5-4-3-33】

6歳【0-6-1-36】

7歳【2-0-2-26】

8歳【1-0-0-18】

 

充実期にあたる5歳馬の成績が、

頭1つ抜けている感じですので、

5歳馬を中心に組み立てたほうが良さそうですね。

 

待ちに待った春のG1シーズンが幕を開けます。

 

重賞連勝中のダノンスマッシュや、

藤田菜七子騎手が騎乗するスノードラゴンなど、

非常に楽しみなメンバー揃っているので、

楽しみながら冷静な分析で的中させましょう。

 

それではまた。

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?