『桜花賞2019のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第79回桜花賞の、

10年データを調べてみました。

 

牝馬三冠における最初のレース、

桜花賞がいよいよ始まります。

 

今回ダントツ人気のダノンファンタジーがいますが、

しっかりデータ分析をし、

伏兵馬を見抜きたい所ですよね。

 

 

まずは当日人気別データ

 

1番人気

【3-2-1-4】

2番人気

【3-4-0―3】

3番人気

【1-2-2-5】

4番人気

【0-1-1-8】

5番人気

【1-0-2-7】

6~9番人気

【2-1-2-35】

10番人気以下

【0-0-2-86】

 

1番人気馬が、

特別良いというわけではなさそうです。

 

もちろん注目しないわけにはいきませんが、

過信しすぎるのも注意が必要かもしれません。

 

そして当日人気で注目してほしいところは、

10番人気以下で馬券に絡んでいる2頭。

 

なんと2頭とも福永騎手なのです。

 

頭の片隅において予想を組み立てても良いかもしれませんねん。

 

 

次に馬体重別データ。

 

~399kg

【0-0-0-2】

400~419kg

【0-1-0-10】

420~439kg

【0-4-2-33】

440~459kg

【3-1-4-52】

460~479kg

【4-1-3-31】

480~499kg

【3-3-1-17】

500kg

【0-0-0-3】

 

小型馬、大型馬は難しく、

460~499kg範囲の身体が出来ている馬の、

好走率が高いのが分かります。

 

やはりビッグレースだけに、

状態の良い馬が好走してくる感じですね。

 

 

最後に前走着順別データ。

1着

【4-7-3-36】

2着

【3-0-2-33】

3着

【2-1-2-16】

4着

【1-0-0-8】

5着

【0-0-1-8】

6~9着

【0-1-2-22】

10着以下

【0-1-0-25】

 

勝ち馬は前走4着までとういう結果に。

 

勝率はほぼ同じくらいでしたが、

前走2着馬、3着馬の単勝回収率が100%を超えていましたので、

ここは注目していきたい所です。

 

ここも踏まえ馬券の中心はやはり、

前走で馬券になっている馬たちではないでしょうか。

 

 

さてさて、いよいよ3歳クラシックの開幕です。

 

その第1弾になる桜花賞。

 

昨年末に阪神JFを制したダノンファンタジーが、

人気の中心になりそうですが、

手強いメンバーが多くいるので、

決して安泰ではありませんね。

 

中々、困難な予想にはなりますが、

データを駆使し楽しみながら的中できるよう頑張りましょう。

 

 

それではまた。

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?