『皐月賞2019のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第79回皐月賞の、

10年データを調べてみました。

 

いよいよクラシック三冠の開幕戦です。

 

過去10年の中で1番人気が勝利したのは2度だけなので、

しっかりデータ分析をし、

好走馬を見抜いていきましょう。

 

 

まずはその当日人気別データ

 

1番人気

【2-2-1-5】

2番人気

【1-3-0―6】

3番人気

【2-1-2-5】

4番人気

【2-1-2-5】

5番人気

【0-0-0-10】

6~9番人気

【3-3-3-31】

10番人気以下

【0-0-2-28】

 

冒頭でも書かせていただきましたが、

皐月賞の1番人気は過去10年で2度しか勝利がありません。

 

当日人気別データを見ると、

6~9番人気もしっかりと優勝しているので、

ここは注目していきたい所。

 

 

次に前走着順別データ。

1着

【8-5-4-52】

2着

【2-3-2-26】

3着

【0-0-2-21】

4着

【0-2-0-8】

5着

【0-0-0-6】

6~9着

【0-0-2-21】

10着以下

【0-0-0-11】

 

ここは圧倒的に前走の勝ち馬の成績が良いので、

前走の1着馬は注目しないわけにはいかないですね。

 

他の条件次第ではありますが、

高配当のカギは、

前走4着~9着だった馬になるでしょう。

 

 

次は前走距離別データ。

 

同距離

【1-8-6-56】

今回延長

【9-2-4-76】

今回短縮

【0-0-0-13】

 

これは面白いデータではないでしょうか。

 

いくら好走していても今回距離短縮している馬は、

過去10年で1度も馬券に絡んでいません。

 

掲示板に入ったのも13頭中2頭のみなので、

なかなか厳しいデータになりましたね。

 

 

最後にキャリア別データ。

 

3~5戦

【8-10-9-85】

6~10戦

【2-0-1-57】

 

こちらも絞り込める内容になったのではないでしょうか。

 

キャリアが今まで3~5戦の馬のほうが、

明らかに成績が良いです。

 

レベルの高いレースだけに、

まだあまりエンジンを多く使っていない馬のほうが、

好走傾向にある感じなのかもしれませんね。

 

 

1番人気が4年連続で連対なしなだけに、

今年も荒れるレースになるのか注目が集まります。

 

それだけに、難しい予想にはなりますが、

しっかりデータを紐解き好走馬を見極め、

的中させたい所ですね。

 

今週末は中山GJに、

オジュウチョウサンも出走しますので、

さらに盛り上がる週末を満喫しましょう。

 

それではまた。

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?