『中山グランドジャンプ2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「中山グランドジャンプ」の
穴馬探しをお届けします。

中山グランドジャンプは
4月13日(土)に
中山のメーンで行われる
春の障害王・決定戦です。

おなじみ絶対王者の
オジュウチョウサン、
昨冬の大障害を制した
ニホンピロバロン、
タイセイドリームに
マイネルプロンプトと
今年は役者が揃いました。
1横綱 vs 3大関vs 伏兵と
いった構図でしょうか。

さっそく
中山グランドジャンプの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
好走馬の「パターン」は
3つしかない?

→近5年の好走馬15頭の
顔ぶれを診てください。

★印の付く馬、
◎印の付く馬、
※印の付く馬。
この「3パターン」に
分かれています。

つまり、この3パターンの
いずれかに該当する馬だけが
近年の当レースで馬券圏に
好走しているというコト。

14年1着馬 アポロ ★ 前年暮れの大障害1着
14年2着馬 コスモ ◎ 前年暮れの大障害14着
14年3着馬 メイシ ★ 前年暮れの大障害3着
15年1着馬 アップ ※ 中山+福島障害0.1.0.0
15年2着馬 ソンブ ※ 中山+福島障害1.0.0.0
15年3着馬 サンレ ★ 前年暮れの大障害3着
16年1着馬 オジュ ◎ 前年暮れの大障害6着
16年2着馬 サラナ ★ 前年暮れの大障害3着
16年3着馬 メイシ ※ 中山+福島障害1.1.0.2(着外は共に4着)
17年1着馬 オジュ ★ 前年暮れの大障害1着
17年2着馬 サンレ ★ 前年暮れの大障害4着
17年3着馬 アップ ★ 前年暮れの大障害2着
18年1着馬 オジュ ★ 前年暮れの大障害1着
18年2着馬 アップ ★ 前年暮れの大障害2着 
18年3着馬 ニホン ※ 中山+福島障害2.1.0.0

★印=前年暮れの
中山大障害で好走した
馬です。

障害界=力関係が
変わりづらい世界ですが
しかも、春に行われる
中山グランドジャンプは
前年暮れの中山大障害から
たった4ケ月後の施行。

そんな短い期間の間に
障害のトップ層の勢力図が
ガラリ一変していることなど
ありえません。

ですから(当たり前すぎる
ハナシで恐縮ですが)春の
中山グランドジャンプ=
前年暮れの中山大障害で
好走した馬が、ふたたび
好走するのが「基本中の
基本」。★印付きの馬が、
上記15頭中9頭を占めます。

◎印=前年暮れの大障害は
振るわなかったものの、
今回が大障害2~3走目で
「大障害に慣れてきた事で
今回好走できた」いわゆる
ステップアップ馬。近5年で
2頭います。

あのオジュウチョウサンも
初の大障害(15年)は6着。
大障害2走目に優勝しました。

そして※印=今回が初の
大障害出走だった馬ですが
上記のように該当4頭すべて
それまでの「中山+福島の
障害戦」で連対経験があり、
かつ5着以下が1度も無いと
いう、抜群の中山福島戦歴を
持っていました。

中山・福島の障害コース=
バンケットの昇降がキツい
「共通項」があるため、
中山・福島の障害戦では
「中山・福島の障害戦で
好走した実積」じたいを
プラス材料とできます。

しかも、大障害コースは
昇降の回数が多いため
いっそう「昇り降りへの
適性の有無」が問われます。

ゆえに初の大障害出走でも
中山・福島の障害での
成績が抜群なら期待可、と
いうワケです。

近5年では、以上★☆※の
いずれかに該当する馬しか
馬券圏に好走していません。

【ポイント2】
オジュウチョウサン以外は
ほとんど関西馬の独壇場?

→近10年(開催時期が
7月だった2011年は除く)の
当レースの東西所属別・
成績を診てください。

関東馬  複勝率18%  5.3.2.47 
関西馬  複勝率28%  4.7.8.48

関西馬がリードしていますが
関東馬オジュウチョウサンの
成績を引くと、下記のとおり
さらに「差」は広がります。

関東馬  複勝率13%  2.3.2.47 
関西馬  複勝率28%  4.7.8.48

実質的に、当レースは
オジュウチョウサンを除くと
ほぼ関西馬の独壇場、と
言えるでしょう。

【ポイント3】
若い馬の台頭には
常に要注意

→近10年(開催時期が
7月だった2011年は除く)の
当レースの馬齢別・成績を
診てください。

4歳   複勝率17%  0.0.1.5
5歳   複勝率41%  5.1.5.16
6歳   複勝率24%  2.5.1.25
7歳超  複勝率16%  3.4.3.52

『何度も大障害に挑戦して
いるベテラン馬が、ついに
結果を出す』こともあった
大障害戦ですが、近年は
「新陳代謝」の時を迎えて
いるのか、若い5・6歳馬が
いきなり当レースで好走する
ケースも出てきています。

以上3点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。