『福島牝馬ステークス2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「福島牝馬S」の
穴馬探しをお届けします。

福島牝馬Sは
4月20日(土)に
福島芝1800mで行われる
牝馬限定のG3重賞です。

土曜施行のレースですので
さっそく、福島牝馬Sの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
今春の福島芝は
「逃げ受難」だが…

→今春の福島はここまで
23クラの芝レースが
行われてきましたが
連対した全46頭のうち、
「逃げた馬」はたったの
4頭だけ。

いくら馬場整備方法が
変わった近年の福島でも、
さすがにちょっと珍しい
「逃げ受難」の傾向と
言えます。好位差し or
中位差しのオンパレード。

ただ、今週から福島の芝は
Bコースに替わります。
これで傾向がどうなるか?
先ヨミする必要はあります。
ましてや今年は少頭数です。

【ポイント2】
サドラ- vs グレイソヴリン

→近年の当レースでは
「サドラ-持ち」の馬、
「グレイソヴリン持ち」の
馬の快走が目立ちます。

近5年の好走馬15頭の
「該当状況」を診て
ください。

14年1着馬
14年2着馬  母父 グレイソヴリン系
14年3着馬   父 グレイソヴリン系
15年1着馬
15年2着馬  母父 サドラ-系
15年3着馬
16年1着馬
16年2着馬  母父 グレイソヴリン系
16年3着馬 父母父 グレイソヴリン系
17年1着馬
17年2着馬   父 サドラ-系
17年3着馬  母父 グレイソヴリン系
18年1着馬   父 サドラ-系
18年2着馬
18年3着馬   父 サドラ-系

このように15頭のうち
じつに9頭が「該当馬」。
グレイソヴリンまたは
サドラ-の血を、太く
持っている馬でした。

そもそも「該当馬」の
数が多くないですから、
芝の中距離重賞では
珍しい傾向と言えましょう。

もともとパワーコースで
行われる重賞レースですし、
小回りでペースが上がる
地点が早めですから、牝馬に
とっては展開や馬場状況に
関係なく「地力と馬力」が
求められるタフな一戦。

ゆえに、グレイソヴリンや
サドラ-といった「パワー・
スタミナとも長けた血」を
太く持っている馬の好走が、
これだけ多いのでしょう。

【ポイント3】
4歳馬の成績が今イチ
過剰人気にも注意

→近10年(2008年~。
新潟開催の2011年除く)の
福島牝馬Sの、馬齢別の
成績を診てください。

4歳  複勝率15%(3.5.2.56)
5歳  複勝率25%(5.5.4.42)
6歳上 複勝率18%(2.0.4.27)

このように、4歳馬の
成績が最も低調です。

しかも注視すべきは、
馬券圏に好走した
10頭の4歳馬の大半が
「上位人気馬」である点。
10頭のうち、半数以上の
6頭が3番人気以内でした。

逆に、馬券圏に好走した
5歳馬14頭のうち、
3番人気以内の人気馬は
5頭だけです。

当レース出走の4歳馬に
ついて、毎年感じるのが
「4歳馬が過剰人気に
なってしまう」点。

G2阪神牝馬Sが行われた
ばかりで、しかもローカルの
牝馬G3ですからどうしても
出走メンバーが手薄になる
当レースですので、新鮮な
印象が強い4歳馬が、半ば
「押し出される」格好で
過剰人気になるケースが
多いのでしょうが、しかし
4歳馬はその人気ほど走れて
いないというワケです。

【ポイント4】
勝つのは「内枠」の馬?

→近10年(2008年~。
新潟開催の2011年除く)の
当レースの枠別・成績を
診てください。

1・2枠 勝率 5% 複勝率16%(2.2.2.31)
3・4枠 勝率18% 複勝率32%(7.3.2.26)
5・6枠 勝率 3% 複勝率18%(1.3.3.33)
7・8枠 勝率 0% 複勝率13%(0.2.3.35)

毎年、この週から福島が
「Bコース」施行に替わる
影響が大きいのか、この
ように勝つのはほとんどが
4枠から内の枠の馬です。

【ポイント5】
前走から「距離延長」の
馬が走れない

→タイトルどうり。
近10年(2007年~。
新潟開催の2011年除く)の
当レースの、前走距離別・
成績を診てください。

1600m以下 複勝率6%   0.0.3.44
1800m  複勝率23%   8.8.5.69
2000m以上 複勝率27%   2.2.2.16

このとおり、前走で
マイル以下の距離を
使っていた馬が
好走できていません。

前述したように
当レースはタフな要素が
多い一戦ですから、前走で
マイル以下を使っていた
ような「スタミナ寄りに
全然振れていない馬」では
そもそも厳しいのでしょう。

以上5点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。