『競馬はデータで勝ち切る!AJCC』後藤博

昨日、推奨した中山12R マヤノピナクル、かなり期待したのですが
ハナ差の3着。

ちょっとしたことで1着から3着まで着順が変わってしまう様なレースで
いかにも競馬らしい感じでした。

今日は中山でAJCC,中京で東海Sと今年初めてのG2がいきなり2つ。

特にAJCCは非根幹距離の2200M戦、中山で非根幹距離の重賞は多く
今年1年の今後を占う重要な1戦なのでこのコースについて
お伝えします。

人気面を見ると1番人気が不振で2-0-0-8でとても信頼出来る数字では
なく今回戸崎騎手騎乗のゼーヴィントが人気になっていますが荒れ
レースで人気馬から買うのは得策とは言えないでしょう。

しかし勝ち馬の人気を見ると5番人気以内から出ていて極端な人気薄は
来ていないのでそこは絞りたいところ。

脚質ですがやはり逃げ・先行馬が有利で4コーナーを2番手以内だった
馬が5-5-0-20 連対の半分を占めています。

血統面を見ると中山の非根幹距離と言えばステイゴールド産駒が
有名ですが最近は成績がイマイチ。

勝率 10% 連対率 17% 複勝率 30%
単勝回収率 50% 複勝回収率 105%

ディープ産駒もさほど強調出来る内容ではありません。

狙いは昨日も紹介したドリームジャーニー産駒。

勝率 80% 連対率 100% 複勝率 100%
単勝回収率 566% 複勝回収率 198%

4-1-0-0/5  まだ5回しか走っていないのでサンプルとしては少ないのですが
人気になる前に買っておくのが得策。

対象が1枠1番のミライヘノツバサ

前走1600万を勝ったばかりで上位人気になっているのは過剰人気か
期待が高いのかは分かりませんが注目している人が案外多いのは事実。

今年のメンバーを見ると手薄なのは確かで狙うなら今回が絶好の
機会かなと期待をしています。

★後藤博 本日の狙い

中山11R 1 ミライヘノツバサ

以上になります。

 

 

投稿者プロフィール

後藤博
後藤博
会社の同僚に誘われて2010年の有馬記念で馬券デビュー。馬券は不的中もゴール前の興奮に魅了され競馬の研究に没頭するようになる。その後は大きな馬券を狙い続けて負けてばかりだったが、あることをキッカケに騎手データを重視して馬券を買うようにしたら急激に馬券収支が向上。トップジョッキーが良い馬に騎乗した時を狙う撃ちにするスタイルで、高確率で馬券を的中させ続けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。