『青葉賞2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「青葉賞」の穴馬探しを
お届けします。

次週は土・日・月の
3日間開催です。

青葉賞は
4月27日(土)に東京で
行われるダービートライアル。

さっそく、青葉賞の
ポイントをお伝えしましょう。

【ポイント1】
1番人気+ヒモ穴

→青葉賞は1番人気馬が
堅調で近10年(5.1.3.1)。

しかし、だからといって
毎年ガチガチの堅い配当と
いうワケではありません。

いわゆる「ヒモ穴」馬が
絡み、ソコソコの配当に
なめ年が多いのです。

近10年の好走馬の人気順を
診てください。このように
1番人気+ヒモ穴の決着が
非常に多い。ヒモ穴狙いを
お好みの方には最好適の
レースと言えましょう。

09年 1、6、7
10年 1、2、3
11年 1、4、6
12年 1、10、13
13年 2、7、9
14年 1、4、10
15年 1、4、5
16年 1、4、5
17年 1、4、8
18年 1、6、7

【ポイント2】
先週の東京の芝に
ついて

→先週開幕した東京の芝は
差しが効く馬場でした。

土日の芝の全11レースで
馬券圏に好走した33頭中、
差し・追込が20頭を占めて
います。春の東京の芝は
週を追うごとに、そして
コースがA→B→Cへと移る
ごとに内・前の粘りが効く
ようになっていきますが、
まだ開幕して1~2週目は
差しが効く馬場の認識で
丁度いいでしょう。

【ポイント3】
芝2200m超で連対実績の
ある馬を狙いたい

→青葉賞の前までに
芝2200m以上の距離で
連対実績のある馬が、
下記のように非常に
多く好走しています。

青葉賞以前に「芝2200m超」のレースで
 連対実績がある馬  複勝率39%  3.4.5.19
 連対実績がない馬  複勝率 6%  2.1.0.45
(近5年)

また前走「大寒桜賞」組は
要注意。大寒桜賞は
左回りの2200m戦ですが
(0.3.2.3)と堅調です。

【ポイント4】
「目イチ仕上げ馬」を
狙いたい

→青葉賞でダービー出走権を
取った馬が本番のダービーで
一度も勝てていないコトは
ご承知の通りですが、なぜ
「青葉賞組」がダービーで
未勝利かといえば、出走権を
確保するためにこの青葉賞で
「目イチ仕上げ」が施されて
いる事が多く、ダービーの
時には余力があまり残って
いないからです。

つまり裏返せば、青葉賞は
「次の事など考えず(?)
明らかな目イチ仕上げを
施されている馬」を狙うのが
ベストという事になります。

調教過程などから分かる
今回いかにも仕上げてきた
馬に狙いを定め、しっかり
今回馬券で狙って好走して
もらう。しかしダービーの
時には狙わず凡走して頂く…
これが、ファンにとっては
ベストシナリオとなります。

以上の点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。