『天皇賞・春2019のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第159回天皇賞・春の、

10年データを調べてみました。

 

このレースは過去に10万、100万オーバーのリッチ馬券が、

何度も出ている大荒れ傾向のあるレースなので、

しっかり過去データを紐解き、

好走馬を見極めていきましょう。

 

 

まずは前走着順別データ

 

1着

【5-5-4-27】

2着

【3-1-3―23】

3着

【0-2-1-17】

4着

【0-0-1-13】

5着

【1-0-0-14】

6~9着

【0-1-0-36】

10着以下

【1-1-1-17】

 

さすがにG1ということもあって、

前走で連対している馬が馬券の中心です。

 

成績の下位に目を向けると、

6~9着の馬よりも10着以降の馬が好走している傾向にありましたが、

今回前走10着以降だった馬は不在。

結果、前走で普通に走って凡走してしまった馬は、

今回も難しいかもしれませんね。

 

 

次にレース間隔別データ。

2週

【0-0-0-1】

3週

【0-0-1-17】

4週

【3-3-2-15】

5~9週

【6-5-7-95】

10~25週

【1-2-0-18】

 

 

前走との間隔別データを見ると、

前走から4週空いている馬の好走率が1番高かったです。

 

単勝回収率、複勝回収率見ても100%超えていますので、

馬券の中心に考えていきたいところですかね。

 

そして5週~9週の馬は、

単勝回収値207%、複勝回収値101%と、

好走率では劣りますが回収率の良さが際立っていますので、

こちらも注目していきたいところとなりました。

 

 

 

最後に当日人気別データ。

 

1番

【1-1-0-8】

2番

【5-0-2-3】

3番

【0-4-1-5】

4番

【1-3-1-5】

5番

【0-0-2-8】

6~9番人気

【1-1-1-37】

10番人気以下

【2-1-3-81】

 

1番人気よりも2~4番人気の馬のほうが、

好走率は高いです。

 

とくに2番人気は、

単勝回収率272%、複勝回収率161%と、

非常に高い数字を出しているので、

予想の中心に考えていきたいところですね。

 

 

過去10年で1枠に入った馬が5勝と、

内枠有利な傾向が見られる天皇賞・春。

 

平成の最後を飾るのは、

どの馬になるのでしょうか?

 

私たちも平成最後のG1を、

しっかりデータ分析をし、

好走馬を見極めていきましょう。

 

それではまた。

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?