『ヴィクトリアマイル2019のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第14回ヴィクトリアマイルの、

10年データを調べてみました。

 

2015年に2000万円の超リッチ馬券がでたヴィクトリアマイル。

 

牝馬戦は荒れやすいのを肌で感じていると思いますので、

データをしっかりと分析し、

リッチ馬券目指し頑張りましょう。

 

 

 

まずは前走場所別データ

 

福島【0-2-2-28】

東京【0-0-0-4】

中山【1-1-2-16】

中京【1-0-1-15】

京都【0-1-0-10】

阪神【6-5-5-68】

海外【2-1-0-2】

 

前走場所別データでは、

母数は少ないですが過去10年で前走海外で使ってきた馬の、

好走率がかなり高いです。

 

今回の出走メンバーの中で前走海外組はアエロリットだけなので、

注目が必要になりそう。

 

次に注目なのが前走阪神組。

 

好走率も海外組の次に頭一つ抜けており

単勝回収値も102%と唯一の100%超えでしたので、

このへんから予想を組み立てていければという感じですかね。

 

 

次に前走着順別データ。

 

1着

【0-2-3-31】

2着

【2-1-3-21】

3着

【0-1―3-8】

4着

【1-1-0-10】

5着

【2-0-1-5】

6~9着

【3-2-0-40】

10着以下

【2-3-0-33】

 

10年データ的には前走5着馬の好走率が目立ちますが、

基本的には横一線といった感じ。

 

それと前走1着馬の勝ちがないのも気になるところなので、

ここは押さえておきたいポイントです。

 

 

次は前走間隔別データ。

 

2週

【0-0-0-2】

3週

【0-2-2-37】

4週

【1-0-1-6】

5~9週

【9-7-7-91】

10~25週

【0-1-0-10】

半年以上

【0-1-0-10】

 

前走間隔4週~25週の馬しか過去10年では勝ち星を挙げていないので、

それ以外はばっさり切っても良さそうですね。

 

 

最後に所属別データ。

関東【2-2-3-57】

関西【8-8-7-91】

 

分かりやすく西高東低になりました。

 

馬券の中心は基本的には関西馬になりそうですけど、

関東馬の複勝回収値が190%と良いので、

ここもしっかりと見極めていきたいところですね。

 

 

素晴らしいメンバーが揃い混戦ムード漂う中、

果たしてどの馬が春の女王に輝くのか非常に楽しみですが、

私たちもリッチ馬券に期待しつつ、

しっかりデータを紐解き激走馬を見極めていきましょう。

 

 

それではまた。

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?