『オークス2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「オークス」の
穴馬探しをお届けします。

オークスは
5月19日(日)に
東京芝2400mで行われる、
3歳牝馬限定のG1です。

さっそく、オークスの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
「実力は確かだが、
距離に不安がありそう」と
言われる強いマイラーが
結局、平気で好走するのが
お約束のレース

→長い標題になりましたが
結局オークスの「キモ」は
コレだと思います。

毎年、オークスの前に
なると「この馬は血統的、
気性的に2400mの距離は
長すぎる」「この馬は
スタミナ豊富だから
2400mの距離は歓迎」
などといった、距離面に
関する論評・話題がよく
取り上げられます。

しかしオークスは距離は
あまり関係ありません。
だから距離適性を気にする
必要は、ありません。

実際に、オークスで最も
「結果」を出しているのは
マイルの桜花賞好走馬ですし、
桜花賞での成績に関係なく
レース前に「距離が不安」と
囁かれる馬が、結局平気で
2400mをこなして好走する
ケースが非常に多い。

強い馬=距離は関係なく
走れるものですし、しかも
オークスは全馬初距離のため
各馬が手探り気味に進める=
スローで流れる=スタミナが
あまり求められない流れに
なることが多いというコト。

むしろ、緩めの流れからの
瞬発力勝負になりますから
マイラー的なキレや速脚を
備える馬のほうが、アテに
できるといえるのです。
たとえばレジネッタ、
ダイワエルシエーロ、
ローブデコルテ、
ト-ルポピー etc …

しかも、このタイプの馬は
オークスで一旦人気を落とす
ことが多め。馬券の格好の
狙い目とも化しますので
少しでも妙味を…という方は
なおさら、このタイプの馬を
要マークでしょう。

【ポイント2】
とにかく「大穴」が
まったく出ないレース
堅い決着が多い

→タイトルどおり。これも
当レースの「キモ」です。
近20年で2ケタ人気馬は
なんと(0.3.1.172)。
こんなG1は他にありません。

3歳牝馬にとって「地力の
違い」が顕著に現れやすい
東京2400mでのレース。
そのため力がハッキリ劣る
低人気馬が、展開の紛れに
乗じて台頭するシーンが
起こりづらいのでしょう。
堅い決着が多いG1。

まずは、無理筋の穴狙いを
極力避ける。「穴馬探し」の
看板を掲げている当欄では
ありますがこの点をキモに
銘じて予想作業を進めたい
ところです。

【ポイント3】
今年は時計勝負の様相

→ヴィクトリアマイルが
超・高速決着だったように
東京の芝は、異常なほど
速い馬場と化しています。

したがって「速い時計への
対応力」がないと勝負に
ならないのは明白ですが、
速い時計で走れるのは
基本的に、実力に優れた
一握りの馬しかいません。

時計が遅くなれば、力で
少し劣る低人気馬にも
チャンスが出てきますが
ここまで時計が速くなって
しまうと、今年のオークスは
人気サイドの実力馬同士で
決まる可能性が例年以上に
高く、例年以上に荒れづらい
オークスになりそうと覚悟を
決めた方がいいでしょう。

今年の当欄は、穴狙いと
いうよりも、もう少し
「堅調」な予想をお届け
したいと考えています。

【ポイント4】
キャリアが多すぎる馬は
基本的にツラい

→近10年で、オークス迄の
出走レース数が8走以上の
馬は(1.0.0.34)と大苦戦。

そのような馬は、すでに
「上積み」も無いですから
各馬が伸び盛りの状態で
出てくるこのレースでは
さすがに厳しくなります。

オークス迄の出走レースが
4・5戦の馬が、近10年は
ともに複勝率30%超と堅調。

【ポイント5】
基本的には「差し競馬」。
逃げると辛くなるレース

→じつは、オークスは
JRAのG1の中では屈指の
「差し優勢」G1です。

実際に、近10年に
好走馬した全30頭のうち
じつに20頭が、4角で
「7番手より後ろ」から
差してきた馬でした。
明らかに差し台頭割合が
多いG1と言えます。

その「裏返し」として
オークスでは逃げ馬が
絶不調です。2004年の
ダイワエルシエーロ以来、
逃げ馬の勝利が無いですし
近10年でも〈0.1.0.9)。

先週からBコースに
替わった東京の芝ですが、
高速馬場とはいっても
引き続き「差し有利」の
バイアスも続いています。

以上5点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。