『東京新聞杯の穴馬探し PART1』シベリアン

「東京新聞杯」の
穴馬探しをお届けします。

 東京新聞杯は、日曜に
東京のマイルで行われる
G3重賞です。

 早速、東京新聞杯で
留意すべき点について
 お伝えしましょう。

 【ポイント1】
1月の「京都金杯」で
好走した馬が
 まったくダメなレース

→当レースの「キモ」です。
 近5年の京都金杯で5着以内に
好走、次走で東京新聞杯に
 コマを進めた全10頭の
京都金杯・東京新聞杯の
成績を診てください。

12年 マイネルラ 京都金杯1着 → 東京新聞  8着 5番人気
12年 ダノンシャ 京都金杯2着 → 東京新聞  5着 1番人気
12年 サダムパテ 京都金杯5着 → 東京新聞13着 3番人気
13年 トライアン 京都金杯2着 → 東京新聞  3着 4番人気
13年 ヤマニンウ 京都金杯3着 → 東京新聞14着 11番人気
14年 エキストラ 京都金杯1着 → 東京新聞  2着 3番人気
15年 エキストラ 京都金杯2着 → 東京新聞  6着 2番人気
15年 マイネルメ 京都金杯3着 → 東京新聞  7着 7番人気
15年 フルーキー 京都金杯4着 → 東京新聞  3着 1番人気
16年 テイエムタ 京都金杯2着 → 東京新聞  5着 8番人気
——————————————
17年 エアスピネ 京都金杯1着 → 東京新聞  ?
17年 ブラックス 京都金杯2着 → 東京新聞  ?

このように東京新聞杯での
成績は、10頭ぶんを合計すると
勝ち星ナシの(0.1.2.7)。

 直近の同距離・同格G3の
重賞をしっかり好走してきた
馬の成績とは思えない低調な
成績です。

しかも、東京新聞杯で
5番人気以内の人気に推されて
 いた馬が7頭もいながら3頭しか
馬券に絡めていないのですから、
 低調と言っていいでしょう。

 京都マイルと東京マイルでは
 そもそもコースの特性も全く
違いますし、ラップ的にも
馬場的にも東京新聞杯のほうが
京都金杯よりもシビアでタフ。

つまり、たとえ同距離・同格の
重賞の両レースでも、各々で
好走のために必要な「資質」が
大きく異なるため両レースを
共に好走できる馬は少ない…と
 いうことではないでしょうか。

 「安田記念とマイルCSの両方を
好走する馬が多くない」のと
話は同じことです。

 今年は京都金杯のワンツー馬が
揃って出走してきます
 さすがにエアスピネルはこの
慣例を打ち破ってきそうな気は
 しますが(笑)それでも、今の
 ところこの2頭は推奨馬とは
扱わない予定です。

 【ポイント2】
 内枠優勢

→タイトルどうり。
 近10年の当レース出走馬の
馬番別成績を診てください。

1~4番    複勝率29%  (1.5.5.27)
5~8番    複勝率25%  (7.1.2.30)
9~12番    複勝率15%  (1.2.3.35)
13~16番  複勝率  8%      (1.2.0.34)

このように、見事なほど
 キレイに「内枠>外枠」の
傾向が現れています。

 東京新聞杯は、東京芝の
Dコースで行われますが
Dコース=外枠の馬が外々へ
張り出すように回ってくる
 トラック形態ですから
 どうしても内・中を通って
 これる内中枠の馬が有利に
 なりがちなコース設定。

ましてやマイルの距離で、
かつソコソコのスピードで
流れる当レースの場合は尚更、
 外を回らされるとなかなか
内へ潜り込めません。ゆえに
 このような「内枠>外枠」の
傾向がキレイに現れている、と
 いうことなのでしょう。

 実際に先週の東京マイル戦も、
 好走馬9頭中6頭が「4枠から
内の枠」でした。

 【ポイント3】
 高齢馬(7歳以上)は
勝てない

→タイトルどうり。近10年の
当レースに出走全馬の
馬齢別成績を診てください。

4歳  3.2.3.23 複勝率26%
5歳  3.3.6.33 複勝率27%
6歳  4.3.0.26 複勝率21%
7歳上 0.2.1.43 複勝率7%

このように、7歳以上の
高齢馬は勝ちクラナシ。
 複勝率でも振るいません。
4・5歳馬のアベレージが
拮抗。6歳馬が続きます。
タフな質のレースですから
高齢馬ではなかなか厳しい
面が多いのでしょう。

 【ポイント4】
 中距離実積のチェックを

→近5年の当レースで馬券に
絡んだ15頭のうち11頭が、
 既に「1800m以上の距離」で
3着以内に好走した実績が
 ある馬でした。

 東京マイル=距離ぶん以上の
 スタミナを要するコースと
 よく言われますが、この
 レースも例外ではないと
 いうこと。マイル実積を診る
作業よりも大切、と言っても
 いいほどです。

 以上4点を鑑みたうえで、
 今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

 

 

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。