『宝塚記念2019のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第60回宝塚記念の、

10年データを調べてみました。

 

上半期ラストのG1が、

いよいよ始まります。

 

春競馬の締めくくりに相応しく、

G1馬が6頭集う豪華メンバー。

 

誰が勝ってもおかしくないだけに、

しっかりデータ分析を駆使し、

好走馬を見極めていきましょう。

 

 

まずは前走場所別データ。

 

東京

【2-2-5-30】

京都

【6-2-3-39】

阪神

【2-2-1-25】

海外

【0-3-1-12】

 

前走で京都を使ってきた馬の成績が頭1つ抜けていて、

遠征帰りは勝ちきれないといったデータとなりました。

 

ポイントになりそうなのが前走東京を使ってきた馬の、

単勝回収率161%、複勝回収率130%というところ。

 

ここをどう判断するかも、

重要になってきそうです。

 

 

次に間隔別データ。

 

3週

【1-3-2-20】

4週

【2-1-2-22】

5~9週

【6-5-5-45】

10~25週

【1-1-1-21】

 

10年データを見る限り、

4~9週のゆったりローテの馬が好走していて、

10週以上の間隔が空いている馬の成績は良くありませんでした。

 

今回10週以上の間隔が空いている馬には実力馬が揃っているので、

その他の条件と組みあわせながら、

切る馬を選別していきたいですね。

 

 

最後に年齢別データ。

 

4歳

【3-2-6-36】

5歳

【6-4-4-31】

6歳

【1-3-0-21】

7歳

【0-1-0-26】

 

5歳馬が好成績を残していて、

ここ5年は連続で5歳馬が勝利しています。

 

そこをさかえに、

6歳以上の馬は成績が下がってしまいますので、

予想するうえでは分かりやすいデータとなりましたね。

 

 

豪華メンバーが揃い、

まさにオールスター戦となる宝塚記念。

 

どの馬が勝っても不思議ではないだけに、

非常に楽しみな1戦になりますね。

 

上半期ラストのG1戦を取れるように、

しっかりと分析し、

的中目指して頑張りましょう。

 

 

それではまた。

 

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?