『大沼ステークス2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「大沼S」の穴馬探しを
お届けします。

大沼Sは
6月22日(土)に
函館ダート1700mで
行われるオープン特別、
リステッド競走です。

普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
お届けしている当欄ですが、
平地3重賞が施行されない週は
さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

次週末に行われる
平地重賞は宝塚記念のみ。

そこで今週は
2つのリステッド競走…
土曜の大沼S、
日曜のパラダイスSの
展望もお伝えします。

早速、大沼Sのポイントを
お伝えしましょう。

なお、昨年の当レースで
当欄はリーゼントロック、
ヨシオの2頭を推奨。
(6番人気・1番人気)

その2頭がワンツーを
果たしてくれました。

【ポイント1】
父キングマンボ系の
馬に要注目?

→まずは、先週に行われた
函館ダート1700m戦で
好走した18頭の血統を
診てください(父・母父)。

☆サンデー系、
★ノ-ザンダンサー系
◎ミスプロ系(キングマンボ系)、
○ミスプロ系(キングマンボ系以外)、
●ロベルト系、
※その他です

(土)2R 
1着 ☆オルフェ-ヴル  ★クロフネ
2着 ◎ル-ラ-シップ  ★ラムタラ
3着 ※シニスターミニ  ☆サンデーサイレ

(土)6R 
1着 ○スウェプトオー  ★ホワイトマズル 
2着 ★クロフネ     ☆ダンスインザダ
3着 ☆ダイワメジャー  ★デインヒル

(土)9R 
1着 ◎ベルシャザ-ル  ★ホワイトマズル 
2着 ☆カネヒキリ    ※ウイニングチケ
3着 ★クロフネ     ☆ゴールドアリュ

(日)2R
1着 ◎トゥザグローリ  ※ワイルドラッシ 
2着 ★ヘニ-ヒューズ  ☆ハ-ツクライ
3着 ●シンボリクリス  ☆フジキセキ

(日)6R
1着 ☆マンハッタンカ  ○コロナドズクエ
2着 ◎ル-ラ-シップ  ○アフリート
3着 ●クレスコグランド ○イル-シヴクオ

(日)10R
1着 ☆スマートファル  ★オペラハウス
2着 ◎ル-ラ-シップ  ※プルビット
3着 ★ヘニ-ヒューズ  ●シンボリクリス

土曜は良馬場、
日曜は重馬場でしたが
土日を通じて、父が
(ミスプロ系の中の)
キングマンボ系の馬が
なんと5連対。

馬場状態に関係なく、
今の函館ダート1700mの
キーブラッドとなって
いくのでしょうか?

また良馬場の土曜は、
クロフネ持ちの馬が
全レースで馬券に絡むなど
ノ-ザンダンサー系の
パワーも活きた印象。

重馬場になった日曜は
道悪ダートに強い馬が
多いロベルト系を持つ
馬の台頭も増えています。

【ポイント2】
逃げ先行 vs 早マクリ

→大沼Sに限らない
函館ダート1700mの
特徴ですが、好走馬の
脚質の大半が逃げ先行or
早めのマクリです。

先週に開幕した函館の
ダート1700m戦で
好走した18頭の脚質を
診てください。

(土)02R 1着逃げ 2着先行  3着先行
(土)06R 1着逃げ 2着先行  3着先行
(土)09R 1着先行 2着マクリ 3着マクリ
(日)02R 1着先行 2着マクリ 3着先行
(日)06R 1着先行 2着マクリ 3着先行
(日)10R 1着逃げ 2着先行  3着先行

先週は土曜が良馬場、
日曜が重馬場でしたが
このように勝ったのは
すべて「逃げ先行馬」。
2着・3着にはマクリも
届きました。トータルで
いえば18頭中14頭が
逃げ先行。4頭がマクり。
直線で差し追込に構えた
馬は壊滅状態でした。
馬場不問の傾向です。

毎年の大沼Sでも同様の
脚質傾向が出ています。
近5年の大沼S好走馬の
脚質を診てください。

14年 1着 ロイヤル 先行  
14年 2着 タイセイ 先行 
14年 3着 イッシン 先行
15年 1着 ジェベル マクリ
15年 2着 カチュー 先行  
15年 3着 ソロル  先行 
16年 1着 モンドク 先行  
16年 2着 ビービー 先行 
16年 3着 ナリタス 差し
17年 1着 テイエム 先行  
17年 2着 ダノング 先行 
17年 3着 メイショ マクリ
18年 1着 リ-ゼン 先行  
18年 2着 ヨシオ  逃げ 
18年 3着 ゴーイン 先行

テンから「下り」が多い
函館ダート1700m。
よって序盤のペースは
速まりがちで、上がりも
掛かります。それでも
トラック形態から直線での
一気差し切りはさすがに
至難。基本は逃げ先行が
有利です。ただ「かなり
早めにマクっていく」
いわゆる早マクりなら
通じます。

「逃げ先行勢に対して、
どの馬が早めにマクって
対抗するか」を考えるのが、
当舞台、そして当レースに
おける基本線と言えます。

そして鋭い差し脚が自慢、
のような中位後方タイプは
評価を下げるのが賢明です。

【ポイント3】
決して内枠有利ではない

→函館ダートは
小回りだから内枠有利、
ではありません。

当レースの近10年の
枠別・成績を診てください。
札幌開催を除く08年~。

1~4枠 2.2.8.35 連対率 9% 複勝率26%
5~8枠 8.8.2.60 連対率21% 複勝率23%

このように連対率では
「外枠>内枠」。
函館ダート1700m=
そもそも外枠馬が強い
舞台です。

内目に馬が殺到して
内枠馬の進路が詰まる
シーンが起きがちなこと、
小回りトラックを馬群の
外めから早めに自由な
タイミングで動ける事が
利となる事などから
外枠馬の成績が良いのが
函館ダート1700m。

小回りだから内枠有利、
と単純に決めつけるのは
危険と言えます。

以上3点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ザ・シークレット・ホース

この記事の『穴馬結論編』はザ・シークレット・ホースでご覧になれます。推奨する馬名だけを配信する無根拠情報ではなく『なぜその馬がこのレースで激走するのか?』を圧倒的な情報量で理論的にお伝えするサービス。重賞やメインレース中心の情報提供のため、重賞だけにしか参加しないライトファンから、血統やコース適正、ローテーション等をしっかり勉強したいディープなファンまで、納得していただけるコンテンツです。