『郡山特別2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「郡山特別」の
穴馬探しをお届けします。

今週末から、いよいよ
夏のローカル競馬が
スタート。

まずは福島+中京で
4週間の開催。続いて
新潟+小倉で6週間。
計10週間の開催です。

(北海道は函館が
あと4週+札幌6週)

郡山特別は
6月29日(土)に
福島10Rとして行われる、
ダート1150mの
2勝クラス特別戦です。

普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
お届けしている当欄ですが、
平地3重賞が施行されない週は
さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

次週末に行われる重賞は
ラジオNIKKEI賞、
CBC賞の2クラのみ。

そこで今週は
土曜福島10R「郡山特別」の
展望もお伝えします。

さて、この郡山特別は
福島ダート1150mで
行われますが、この
福島ダート1150mでは
3勝クラス、および
オープンのレースは
行われません。

2勝クラスのレースが
福島ダート1150mに
おける「最高峰」の
レースというワケです。

2勝クラスの
福島ダート1150m戦は
各開催に1クラずつ
行われるのが通例ですが、
この2勝クラスの
福島ダート1150m戦には
かつて、大きな展開面の
特徴がありました。

それは「上位人気の
強い逃げ先行馬がよく
勝つものの、ヒモには
差し追込の穴馬がよく
突っ込んでいた」と
いう特徴。

2勝クラスの
福島ダート1150m戦=
当舞台の最高峰戦ですから、
未勝利戦や1勝クラスより
テンがシビアに流れます。

それでも、実力が強靱な
逃げ先行馬は前に行って
そのまま残れるものの
弱い逃げ先行馬は脱落し、
「無欲の待機策」をとって
いた穴の差し馬の差しが
ハマりやすかったのです。

よって人気の逃げ先行+
差し穴の組み合わせで
よく決まっていました。

ところが、近年は少し
様変わりしています。
人気馬であれ穴馬であれ、
「前の馬」で決まって
しまうケースがけっこう
増えているのです。

最近の「2勝クラスの
福島ダート1150m戦」での
好走馬の脚質・人気順を
診てください。

左から順に、
各レース1・2・3着馬の
脚質+(人気順)です。

  16年春/ラジ福 先(02)先(01)先(03)
  17年春/ラジ福 追(02)先(01)逃(13)
  18年春/ラジ福 差(08)追(14)差(11)
  19年春/ラジ福 先(06)差(16)逃(12)

  16年夏/鶴ケ城 差(03)先(01)先(06)
  17年夏/鶴ケ城 差(01)先(03)先(06)
  18年夏/鶴ケ城 先(02)先(01)先(06)
  19年夏/郡山特 ?

  ※ラジ福=ラジオ福島賞
  ※鶴ケ城=鶴ケ城特別
  ※16・17・18年秋は施行なし

このように、人気馬でも
穴馬でも「前の馬」が
好走する結果が、以前と
比べると増えています。

この傾向の「変化」の
要因は、テンの速さの
変化にもありそうです。

というのも、以前は
テン30秒台の「すごく
速い流れ」になることが
多かった、2勝クラスの
福島ダート1150m戦。

しかし近年はそれよりも
テンを要するレースが
増えているのです。

夏の「2勝クラスの
福島ダート1150m戦」での
毎年のテンの速さは下記の
とおり。ここ数年、30秒台で
流れる事が無くなっています。
比較的「おだやか」に流れる
ケースが増えています。

  09年夏/鶴ケ城 30秒7
 10年夏/鶴ケ城 31秒1
 12年夏/鶴ケ城 30秒4
 13年夏/鶴ケ城 31秒2
 14年夏/鶴ケ城 30秒8
 15年夏/鶴ケ城 30秒9
 16年夏/鶴ケ城 31秒3
 17年夏/鶴ケ城 32秒7
 18年夏/鶴ケ城 31秒0

騎手の意識の変化なのか、
砂質の変化なのかは
分かりませんがとにかく
この距離条件にしては
テンが少しゆったりめに
流れる事が増えました。
ゆえに人気馬でも穴馬でも
「前」の馬が粘ってしまう
結果が増えているのでしょう。

まして今年の当レースは
降級馬もいませんし、
メンバーの顔ぶれを診ても
テンが激流になることは
どうも無さそうな印象。
「韋駄天タイプ」が例年より
少ない印象も受けます。

今年も「前重視」の予想で
組み立てたいと思います。

以上の点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。