『函館記念2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「函館記念」の
穴馬探しをお届けします。

函館記念は7月14日(日)に
函館芝2000mで行われる
ハンデG3重賞。

さっそく、当レースの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
前走「巴賞」出走馬は
過信するべからず。
特に巴賞で連対してきた馬

→函館記念でもっとも
大切な「キモ」です。

ともあれ、近10年の
函館記念の前走別成績を
診てください。
(札幌施行の09年を除く/
08年~)

新潟大賞典 複勝率43% 1.1.1.4
エプソムC 複勝率36% 2.1.1.7
目黒記念  複勝率27% 3.0.0.8
GIレース 複勝率25% 0.2.2.12
巴賞    複勝率16% 1.4.3.41 
準オープン 複勝率14% 0.0.1.6
鳴尾記念  複勝率13% 1.0.0.7 

このように、巴賞組の
成績が良くありません。

巴賞=函館記念における
重要なステップ戦。しかし
その巴賞を使ってきた馬が
肝心の函館記念で、あまり
好走していないのです。

一昨年は巴賞1・2着馬が
函館記念で1・3番人気に
推されるも6着・4着に
敗れました。

昨年も、巴賞1着馬が
函館記念で6着に
完敗しました。

「巴賞→函館記念」の
レース間隔は中1週と
短く設定されていますが、
いくら滞在競馬とはいえ
オープンの巴賞を使うと
体力の消耗も大きく、
そこからわずか中1週で
迎える「本番」函館記念で
体調的に厳しくなる面が
あるのでしょう。

特に厳しいのが、巴賞で
「連対」してきた馬です。
近10年の函館記念で何と
(0.1.0.13)と散々。
巴賞でエネルギーを使って
好走してしまうと本番で
かなり怪しくなる(?)、
というワケです。

【ポイント2】
「一杯」調教馬が不振

→函館記念の近5年の
最終調教の「強さ」別の
成績を診てください。
このように「馬ナリ」の
調教馬が好調です。逆に
一杯の馬は不振で近5年、
連対がありません。

馬ナリ 複勝率25% 3.3.3.27
強め  複勝率16% 2.2.0.21
一杯  複勝率11% 0.0.2.16

最終調教を馬ナリや強目の
調教に留めているような
「もう体がデキている」
趣の馬のほうが好走して
いる、ということ。

滞在で体が立派になりすぎて
直前に「目一杯の強さ」で
慌てて(?)追いきって
いるような馬では苦しいと
いうことかもしれません。

【ポイント3】
穴は「ロベルト」が
連れてくるレース

→函館記念は、昔から
「父がロベルト系の
馬がよく走るレース」と
言われていました。

馬力を要する洋芝馬場。
小回り重賞で多頭数ゆえ
ペースが上がる地点が
早いこと。

そんなパワー要素2点が
大きく影響しているのか、
馬力自慢のロベルト系を
父に有する馬がやたら
強かったのです。

近年は父ロベルト系の
馬の数じたいが減っており
好走頭数は減りましたが、
それでも当レースで好走する
「穴馬」の血統を診ると
父方 or 母方にロベルトを
有する馬が、まだまだ多く
快走しています。

昨年も、13番人気の
「該当馬」が3着に快走。
当レースは今も相変わらず、
実力面で一枚劣る馬でも
ロベルトの「レース適性」を
武器にすれば太刀打ち可能、
ということなのでしょう。

近10年(札幌施行の09年を
除く/08年~)の当レースで
3番人気以下で馬券圏内に
好走した24頭のうち、下記の
10頭が「ロベルト」系統を
含有していました。該当馬が
多くないことをかんがみれば
注目に値する現象です。

10年3着馬  母父ロベルト系 5番人気
11年1着馬   父ロベルト系 4番人気
11年2着馬   父ロベルト系 12番人気
12年1着馬  母父ロベルト系 4番人気
12年2着馬   父ロベルト系 8番人気
15年2着馬   父ロベルト系 10番人気
15年3着馬  母父ロベルト系 7番人気
16年1着馬 母母父ロベルト系 3番人気
17年3着馬   父ロベルト系 7番人気
18年3着馬 母母父ロベルト系 13番人気

【ポイント4】
近年は逃げ先行馬が活躍

→以前は「マクリあい」の
展開が多かった函館記念。

しかし近年は、ペースの
速遅に関係なく「前々に
行った馬」がそのまま
粘り切ることが増えました。

近年はこの函館記念週から
Bコースに替わりますが、
コース替わりによる「内を
進める逃げ先行馬の利」の
度合いが(馬場保全技術の
向上で)近年は大きいこと
なども当傾向を後押しして
いるのかもしれません。

近10年(札幌施行の09年を
除く/08年~)の当レースで
馬券圏内に好走した30頭の
脚質を診てください。30頭の
うち逃げ先行で好走したのは
16頭ですが、近4年で診ると
好走12頭中8頭が逃げ先行で
好走しています。

08年1着馬 マクリ
08年2着馬 先行
08年3着馬 先行
10年1着馬 先行
10年2着馬 差し
10年3着馬 先行
11年1着馬 差し
11年2着馬 先行
11年3着馬 差し
12年1着馬 差し
12年2着馬 マクリ
12年3着馬 先行
13年1着馬 逃げ
13年2着馬 先行
13年3着馬 マクリ
14年1着馬 マクリ
14年2着馬 差し
14年3着馬 差し
——————-
↓これ以降「逃げ先行」が
多く台頭中
15年1着馬 マクリ
15年2着馬 先行
15年3着馬 先行
16年1着馬 逃げ
16年2着馬 先行
16年3着馬 差し
17年1着馬 マクリ
17年2着馬 先行
17年3着馬 逃げ
18年1着馬 先行
18年2着馬 マクリ
18年3着馬 先行

以上4点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。