『小倉記念2019のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第55回農林水産省典小倉記念の、

10年データを調べてみました。

 

 

サマー2000シリーズの第三戦では、

過去に100万近いリッチ配当もありましたので、

高配当が狙えるレースですよね。

 

ですので、今回もしっかりデータ分析をし、

穴馬を見極めていきましょう。

 

 

まずは前走着順別データ。

 

1着

【1-2-4-18】

2着

【2-1-0-9】

3着

【1-2-0-6】

4着

【1-0-1-7】

5着

【0-0-1-9】

6~9着

【3-3―3-34】

10着以下

【2-2-1-35】

 

前走で掲示板を外した馬が馬券のほぼ半分ということは、

前走の成績を当てにしないほうがいいということかもしれません。

 

他の条件をみながら、

前走、凡走で終わった馬を積極的に狙った方が良さそうですね。

 

 

次に前走クラス別データ。

 

G1

【1-3-1-5】

G2

【1-0-0-5】

G3

【6-6-6-61】

OP特別

【0-0-2-25】

条件戦

【2-1-1-21】

 

過去10年データを見ると、

馬券の中心は前走G3組になりそうで、

他を見ると、

やはりG1組の好走率は高い印象でした。

 

基本的には前走重賞組から予想を組み立てていったほうがよさそうですね。

 

 

最後に年齢別データ。

 

3歳

【0-2-0-0】

4歳

【3-3-0-16】

5歳

【4-3-6-34】

6歳

【0-1-3-33】

7歳

【2-1-1-20】

8歳

【1-0-0-11】

 

馬券の中心は4、5歳馬になりそうですね。

 

まぁ今回は若めの馬が多いので、

さらに絞り込まなければいけないのと、

7歳馬の単勝回収率が234%というのも私的には気になるところです。

 

今回の小倉記念はどのような結果になるか、

非常に楽しみですね。

 

 

そして今回は非常に悲しいニュースが飛び込んできちゃいましたね。

 

競走馬、そして種牡馬としても、

たくさんの思い出をくれたディープインパクトが、

先日亡くなってしまいました。

 

私が競馬をしてきた中で、

これ以上の馬はいなかったと思います。

 

本当に今までたくさんの感動と希望を与えてくれて、

ありがとうございました。

 

ディープインパクトのご冥福を謹んでお祈り申し上げます。

 

それではまた。

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?