『宮崎特別2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「宮崎特別」の
穴馬探しをお届けします。

宮崎特別は
8月10日(土)に
小倉10Rとして行われる
2勝クラスの特別戦です。
舞台は芝2000m。

普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
お届けしている当欄ですが、
平地3重賞が施行されない週は
さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

次週末に行われる重賞は
関屋記念・エルムSの
2クラのみ。

そこで今週は
土曜の小倉10R
「宮崎特別」の
展望もお伝えします。

さて…
113頭が出走して
(36.6.15.56)。
勝率、じつに32%。
複勝率も50%。

この物凄いアベレージ、
何のデータかお分かりに
なるでしょうか?

これは、6月から
先週までに行われた
「2勝クラス」のレースに
おける3歳馬の成績です。

今夏は、2勝クラス戦に
おける3歳馬の活躍が
非常に顕著。

先週も2勝クラス戦は
9クラ行われましたが
出走した3歳馬19頭が
(3.2.5.9)複勝率53%と
引き続き堅調でした。
土曜の札幌12Rでは
5頭出走していた3歳馬が
1・2・3・5・6着と
上位独占しています。

降級馬が不在となった
今年の夏競馬。

条件クラスでは3歳馬の
台頭が増えるだろう、と
予測はできましたが
2勝クラスにおける
この3歳馬の急台頭は
さすがに予想以上です。

この時期までにすでに
2勝をマークして
2勝クラス戦に出走する
3歳馬=相当な資質の
持ち主ですが、そんな
馬が軽斤量で戦えるうえに
これまで唯一最大の適と
いえた「3勝クラスから
降級してきた4歳馬」が
今夏は不在になった事が
想定以上に効いている、
と言えましょう。

2勝クラスでは、3歳馬。
単純ですがまずはキモに
銘じておきたい、今夏の
馬券作戦の一つです。

以上の点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。