『北九州記念2019のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第54回テレビ西日本賞北九州記念の、

10年データを調べてみました。

 

今回は荒れやすいハンデ戦ということで、

楽しみな1戦ですよね。

 

その荒れやすい1戦も、

しっかりデータ分析を駆使し、

穴馬を見極めていきましょう。

 

 

まずは当日人気別データ。

 

1番人気

【0-2-2-6】

2番人気

【1-2-1-6】

3番人気

【1-1-1-7】

4番人気

【0-1-1-8】

5番人気

【1-1-0-8】

6~9番人気

【7-0―3-30】

10番人気

【0-3-2-71】

 

当日の1番人気はここ10年勝ちきれていないデータとなりました。

 

今回も積極的には狙いづらいかもしれませんね。

 

そして注目なのが6~9番人気の馬たち。

 

ここの馬たちの中から穴馬を見極められれば、

リッチ配当になりそうですので、

その他の条件と組み合わせながら予想をしていきましょう。

 

 

次に年齢別データ。

 

3歳【0-2-2-16】

4歳【3-4-3-18】

5歳【3-4-2-38】

6歳【3-0-2-40】

7歳【1-0-1-17】

8歳【0-0-0-6】

 

中心は充実期でもある4歳~5歳馬になりそうですね。

 

その中でも、

4歳馬の好走率が頭1つ抜けていました。

 

4歳馬で勝利している3頭ともは前走でも勝利し、

その勢いのまま当レースを制していますので、

該当馬がいれば注目したいところです。

 

 

最後にキャリア別データ。

 

3~5戦

【0-1-0-2】

6~10戦

【0-1-3-15】

11~15戦

【2-2-2-10】

16~20戦

【1-2-1-19】

21~30戦

【6-4-2-53】

31戦以上

【1-0-2-37】

 

好走馬のキャリアを見ると、

過去10年で7頭が21戦以上のレースをこなしていました。

 

単勝回収率、複勝回収率も100%を超えていましたので、

キャリアも気にしながら、

予想を組み立ててきたいところです。

 

 

スプリンターズSを目指す馬のステップレースとしても、

位置づけられているだけに非常に楽しみな1戦になりそうですね。

 

ハンデ戦で荒れやすいので、

難しい予想にはなりますが、

データ分析をしっかりやって好走馬を見極めていきましょう。

 

 

そしてまたも名馬キングカメハメハが天国へと旅経ってしまいました。

 

種牡馬としても、

周囲の期待に十二分に応えてくれただけに、

ゆっくりと休んでほしいです。

 

ご冥福お祈りいたします。

 

それではまた。

 

 

 

それではまた。

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。