『小倉日経オープン2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「小倉日経オープン」の
穴馬探しをお届けします。

夏競馬も、早くも
残り2週となりました。

「小倉日経オープン」は
8月25日(日)に小倉の
メーンレースとして
行われる、芝1800mの
オープン特別です。

普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
お届けしている当欄ですが、
平地3重賞が施行されない週は
さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

次週末施行の平地重賞は
新潟2歳S、キーンランドCの
2クラのみ。

そこで今週は
日曜小倉のメーン11R・
「小倉日経オープン」の
展望もお伝えします。

さっそく、当レースの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
「非サンデー系の人気馬」が
負けるレース

→小倉日経オープンの
最大の特徴はおそらく
コレでしょう。下記を
診てください。

14年8着 マックス 3番人気 父サンデー系
15年8着 マコトブ 2番人気 父ミスプロ系
16年8着 アカネイ 3番人気 父ノ-ザンダンサー系
17年6着 ベルーフ 3番人気 父ノ-ザンダンサー系
18年6着 マサハヤ 1番人気 父ノ-ザンダンサー系

これは、近5年の
「小倉日経オープン」で
3番人気以内に推されながら、
掲示板にも乗れなかった
(=6着以下に敗れた)
「結果を出せなかった
上位人気馬」の一覧です。

上記のように
該当5頭のうち、4頭が
父が「非サンデー系」の
馬でした。

つまり小倉日経オープン=
「非サンデー系の人気馬が
負けるレース」なのです。

その背景は…下記【2】の
項であわせて述べます。

【ポイント2】
父サンデー系の馬が
非常に強い

→上記【ポイント1】の
裏返しのような内容に
なりますが、近5年の
好走馬の系統を診て
ください。

14年1着馬 父サンデー系
14年2着馬 父ロベルト系
14年3着馬 父サンデー系
15年1着馬 父サンデー系
15年2着馬 父ノ-ザンダンサー系
15年3着馬 父サンデー系
16年1着馬 父サンデー系
16年2着馬 父サンデー系
16年3着馬 父サンデー系
17年1着馬 父サンデー系
17年2着馬 父サンデー系
17年3着馬 父サンデー系
18年1着馬 父サンデー系
18年2着馬 父サンデー系
18年3着馬 父サンデー系

このように、極端な
サンデー天国。たしかに
サンデー優勢のレースが
今の競馬では主流ですが
それにしても、ここまで
極端な事例は稀です。

しかも上記【ポイント1】で
ご紹介したように、
非サンデー系の人気馬が
毎年のように、ことごとく
圏外に飛んでいます。
やはり小倉日経オープンは
「サンデーが走りやすい
レース」なのでしょう。

このレースは、毎年、
出走頭数が落ちつくため
小回りでオープン級の
芝1800mということを
かんがみると、序盤の
ペースが落ちつきがち。
ゆえに好位から一定以上の
瞬発力&キレを最後に
発揮した馬がそのまま
上位入線するシンプルな
結末が多めです。
そのため、いかにもその
ような競馬を得意とする
馬が多い父サンデー系の
台頭が多いのでしょう。
逆に非サンデー系の馬は
【ポイント1】のように
人気に推されるような
馬でも苦労しがち、と、
いうことになります。

【ポイント3】
「夏競馬続戦組」が
圧倒しているレース

→小倉日経オープンは、
夏競馬を転戦してきている
馬が強いレースです。

実際に、近10年の
好走馬30頭中22頭が、
前走で夏のローカルの
レースを使っていた馬。

つまり春主場の開催の
レースを使ったあとに
休養し、当レースから
始動してきた馬よりも、
夏競馬続戦組のほうが
高頻度で好走している、
ということになります。

当レースから始動して
きた馬の目標は当然、
この先の「秋競馬」に
なりますから仕上げも
まだ緩め。

それよりも夏のローカルを
しっかり使い込んできて、
「デキている」馬の方が
メンバー手薄な夏競馬の
うちにもうひと勝負、と
ばかりに勝負気配も濃い、
ということなのでしょう。

以上3点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。