『セントウルS2019のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われる第33回産経賞セントウルSの、

10年データを調べてみました。

 

秋の阪神の最初の重賞レースでは、

過去に10万オーバーの配当が3度も出ているだけに、

今回もしっかりデータを駆使し、

伏兵馬を探しだしましょう。

 

 

まずは前走着順別データ。

 

1着

【3-4-3-14】

2着

【0-4-0-8】

3着

【3-1-0-7】

4着

【1-0-3-10】

5着

【1-1-0-10】

6~9着

【0-0―3-28】

10着以下

【2-0-1-39】

 

実力馬が順当に勝つことが多いレースだけに、

前走着順も高ければ高いほど、

好走する傾向にありますね。

 

ただ注目ポイントは、

前走10着以下に敗れた馬が2勝挙げているところ。

 

この2頭とも3歳馬ということだったので、

前走で大敗した3歳馬は注目してみてもよさそうです。

 

 

次にキャリア別データ。

 

6~10戦

【4-1-0-13】

11~15戦

【2-1-1-7】

16~20戦

【3-4-1-15】

21~30戦

【1-3-5-48】

 

10年データを見るとキャリア6~10戦の馬が多く勝ち馬が出ているので、

キャリアの少ない馬を中心に馬券を組み立てていきたいところ。

 

このデータでも6~10戦の4勝のうち、

3勝が3歳馬でしたね。

 

 

最後に当日人気別データ。

 

1番人気

【3-5-1-1】

2番人気

【2-3-1-4】

3番人気

【0-0-1-9】

4番人気

【2-0-1-7】

5番人気

【1-1-2-6】

6~9番人気

【1-1-2-36】

10番人気以下

【1-0-2-54】

 

1番人気の複勝率が90%と驚異の数字で、

勝率は30%だったので、

まず馬券に絡めたい感じはあります。

 

過去には10番人気が勝利していますが、

この時の勝ち馬はこれまた3歳馬と、

当レースでは3歳馬をどう評価するかが重要になってきそうです。

 

 

堅く収まりがちなレースですが、

今年はどんな決着になるか、

非常に楽しみな1戦ですね。

 

しっかりデータを紐解き、

好走馬に共通するポイントを押さえていきましょう。

 

それではまた。

 

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?