『日本テレビ盃2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「日本テレビ盃」の
穴馬探しをお届けします。

日本テレビ盃は
9月23日(月・祝)に
船橋ダート1800mで
行われる交流G2重賞。

11月4日(月・祝)の
浦和JBCへの重要な
ステップレースとなる
注目の一番です。

普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
お届けしている当欄ですが、
平地3重賞が施行されない週は
さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

次週末の平地重賞は
日曜のオールカマー・
神戸新聞杯の2クラのみ。

そこで今週は
地方開催のレースですが
9月23日(月・祝)の
船橋「日本テレビ盃」の
展望もお伝えします。

さっそく、日本テレビ盃の
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
「帝王賞以来の休明け」の
馬が断然強い

→帝王賞=6月に行われる
ダートの交流G1レース。

ですから、帝王賞以来の
休明けの馬=G1級の馬で
あり、この日本テレビ盃が
秋の大目標という馬など
いません。日本テレビ盃を
叩いて秋の大レース(JBC、
チャンピオンズカップ、
東京大賞典)が最大目標。

そのため日本テレビ盃には
八分…いや、それ以下の
仕上げで出てきます。

しかしそんな八分以下の
馬が好走してしまうのが、
日本テレビ盃。

近10年の当レースで
好走した30頭中なんと
13頭が「帝王賞組」。
好走馬の、ほぼ半分を
占めているのです。

要は少し仕上げが甘くても
帝王賞に出走したような
「実力上位馬」なら、この
日本テレビ盃程度のレースは
取りこぼさないということ。

しかも、日本テレビ盃は
紛れが少なく力どおりに
決まりやすい船橋での施行、
実力馬に甘めの斤量設定、
ゆったり流れる展開など
「実力馬がそのまま力を
発揮しやすい」条件が
揃っていますから、より
帝王賞組が力を出しやすい、
ということなのでしょう。

【ポイント2】
今年のダート戦線は
4歳馬が強い

→年頭から再三にわたって
記してきましたが、今の
ダートのオープン中距離は
4歳馬が強いのが特徴。

今年、これまでに
『地方競馬場で行われた
交流ダート中距離重賞』に
おける、JRA所属4歳馬の
全成績を診てください。

1月 川崎記念    出走ナシ
2月 佐賀記念    1着・3着
3月 ダイオライト  1着
3月 名古屋大賞典  1着・2着
5月 かしわ記念   出走ナシ
6月 帝王賞     1着・2着
7月 マーキュリー  1着・4着

※牝馬限定重賞のぞく
※1400m以下のレースはのぞく

なんと合計(5.2.1.1)。
今年の地方交流重賞では
4歳馬が、ほぼ馬券圏を
外していません。

昨年の「3歳」段階から
強じんと目されていた
世代ですが、そもそも
出走枠に限りがある
地方交流重賞の場合、
4歳馬は出走が叶わない
ケースも多いもの。

また、ダートの特に
オープンは普通、5歳・
6歳と歳を取るごとに
ジワジワ力をつける
ジャンルです。

それが、これだけ4歳馬の
出走が叶っていて、かつ
好走しているのですから
いかに今のベテラン世代が
厳しくなっている(層も
薄くなっている)現状か
よく分かりますし、その
間隙を突く形で4歳世代の
台頭が急になっていると
いうことなのでしょう。

今のダートのオープンは
過去にあまり例が無いほど
全体的に若返っており
4歳重視がまず「基本線」と
なっています。

【ポイント3】
「地方馬」の好走条件は…

→中央の実力馬が力を
発揮しやすい=裏返せば
地方所属馬が苦戦している、
ということ。実際に
地方所属馬の馬券絡みは
近10年で3頭だけです。

10年 1着フリオーソ  1番人気 船橋所属
11年 3着カキツバタロ 2番人気 船橋所属
12年 3着マグニフィカ 4番人気 船橋所属

ちなみに
この3頭の共通点は…

・船橋所属馬

・それまでに船橋での
 中央交流重賞で連対、
  または他場の中央交流GIを
 勝った実績がある

・普段の南関東同士の
 レースでも常に先行していた

強い中央馬を相手に走る
レースですから、普段から
前に行っているもともと
実績上位の(南関東でも
レベルが高い)船橋の
所属馬でないと通用して
いないことになります。
地方馬取捨の一応の目安に
どうぞ。

以上3点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。