『シリウスS2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「シリウスS」の
穴馬探しをお届けします。

シリウスSは
9月21日(土)に
阪神ダート2000mで
行われるG3重賞です。

昨年は、2番人気でしたが
オメガパフュ-ム(1着)を
手堅く推させて頂きました。

ちなみに
一昨年の推奨馬・
トップディーヴォは
7番人気で惜しくも4着。

その前の年の推奨馬・
マスクゾロは1着。

その前の年の推奨馬・
ナムラビクターは3着…。

ここ4年続けて一応の
「結果」が出ており
昨年までに用いてきた
当レースの予想法が
間違っていなかったとも
言えますので、昨年まで
用いてきた予想項目を
引き続き用いつつ
話を進めていきます。

土曜施行ですので
さっそく、当レースの
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
ミスプロ天国

→ここ4年続けて結果が
出ている最大の要因は、
当項目をほぼ遵守して
いるからです。

シリウスSは、父または
母父がミスプロ系の馬が
毎年のように好走して
いるレース。

2010年以降の当レースで
馬券圏に好走した27頭の
血統を診てください。
★=父ミスプロ系の馬、
☆=母父ミスプロ系の馬。
(カッコ数字)は人気順。

10年1着馬(1) ★
10年2着馬(4) ★☆
10年3着馬(9)
11年1着馬(5) ★
11年2着馬(4) ★
11年3着馬(2) ★
12年1着馬(2) ★
12年2着馬(3) ★
12年3着馬(1) 
13年1着馬(5) ☆
13年2着馬(3) ★
13年3着馬(6) ★
14年1着馬(1) ☆
14年2着馬(3) ☆
14年3着馬(7)
15年1着馬(3)
15年2着馬(1) ★
15年3着馬(2) ☆
16年1着馬(1) ★
16年2着馬(2)
16年3着馬(4) ☆
17年1着馬(11)
17年2着馬(5) ★
17年3着馬(3)
18年1着馬(2) ★
18年2着馬(7) ☆
18年3着馬(3)

27頭中19頭が
「父 or 母父ミスプロ」。
いくらダート戦でも
かなり偏っています。

シリウスS=ダートでは
「長距離」といえる
2000mのレースですが
前半はヌルく流れても
後半はハイスピードの
持続脚を長区間にわたり
競い合うけっこうシビアな
流れになりがち。

つまり距離相応ぶんの
スタミナはさほど必要と
されないものの、平均的に
速く走るスピード&それを
持続させるためのパワーは
必要なレースということ。

ですから「スピード+
持続パワー」に優れた
ミスプロの血を持つ馬が
これほど台頭していると
いうことなのでしょう。

シリウスSでは、
父か母父にミスプロの
血を太く持つ馬を狙え。
血統から診た鉄則です。

【ポイント2】
リピーター天国

→リピーターがよく走る
レース=「特殊性」が
強いレースですが、
シリウスSは下記のように
リピーターの好走が多数。

阪神ダート2000mという
「根幹条件でない舞台」で
かつ重賞ですのでかなり
特殊性が強く、このような
現象が出ているのでしょう。

ワンダースピード  07年3着、08年2着
ダークメッセージ  08年3着、09年2着
キングスエンブレム 10年1着、11年2着
ヤマニンキングリー 11年1着、12年2着
ナイスミ-チュ-  12年1着、13年2着
ナムラビクター   14年2着、15年3着
ピオネロ      16年2着、17年3着。

【ポイント3】
阪神2000m適性を
見極めよ

→先週の日曜阪神8R、
このシリウスSと同じ
ダート2000m戦で、
ワイルドシングを
推奨馬として会員様に
お伝えしました。
結果は1着(4番人気)。

「阪神ダート2000mで
好走実績を持つ馬」が
不在のメンバー構成かつ
ワイルドシングは初めての
阪神ダ2000mでしたが、
この馬の「2000mよりも
短い距離のレースで常に
脚を余していた走り」に
着目して、今回2000mに
距離が延びれば前進可と
お伝えして、あえて当馬を
推奨扱いしたのでした。

そのように「隠れた」
2000m適性に注目する
ことも、この舞台での
レースで好走する馬を
見繕う際に有用です。

【ポイント4】
「逃げ馬」が
けっこう人気になるのに
全く走れないレース

→前述したように後半が
結構シビアに流れ続ける
レースですから逃げ馬は
どうしても辛くなります。

近10年の「逃げた馬」の
成績は下記のとおり。

09年 トシナギサ  6番人気 16着
10年 ワンダースピ 7番人気 11着
11年 タナトス   3番人気 10着
12年 エーシンジ  6番人気 16着
13年 サトノプリ  1番人気 15着
14年 サトノプリ  5番人気  4着
15年 トウケイへ  6番人気  8着
16年 マスクゾロ  1番人気  1着
17年 マスクゾロ  1番人気  7着
18年 コパノチャ- 10番人気 12着

(1.0.0.9)と不振ですが、
しかも上記10頭中8頭が
6番人気以内の人気馬。

つまり、シリウスS=
逃げ馬がけっこう人気に
推されるのに、その人気に
全然応えていないのです。
逃げ馬狙い自体が「損」の
ようなレース。

【ポイント5】
ハンデが重い馬ほど
好走する?

→近10年の当レースの
斤量別成績を診てください。

53キロ以下   複勝率 8%  1.0.1.22 
54キロ    複勝率14%  3.1.0.24   
55キロ    複勝率19%  2.1.2.22   
56キロ    複勝率25%  3.2.2.21  
56.5キロ以上  複勝率31%  1.6.4.25   

このようにハンデが
重くなるにつれて
キレイに複勝率が良く
なっています。まさに
重ハンデ馬から買うべき
レースなのです。

重いハンデを背負う馬=
この後の秋の大レースを
睨む実力馬ですが、そんな
馬がこのシリウスSにやや
甘い仕上げで出てきても、
近況好調+ハンデも軽い
夏の上がり馬を力の違いで
一蹴する…そんな構図の
レースなのです。

夏競馬の延長戦上にある
「軽いレース」ではなく、
実力馬がソコソコ集って
秋のダート重賞戦線の
開幕戦としてしっかり
機能しているレース、と
いうことなのでしょう。

迷った時はハンデが重めの
実力馬を選択したい一戦と
言えます。

以上5点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。