『秋風S2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「秋風S」の
穴馬探しをお届けします。

秋風Sは
9月28日(土)に
中山メーンで行われる
3勝クラスの特別戦です。
舞台は中山芝1600m。

普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
お届けしている当欄ですが、
平地3重賞が施行されない週は
さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

次週末に行われる重賞は
シリウスS・スプリンターズSの
2クラのみ。

そこで今週は、土曜の
中山メーン「秋風S」の
展望もお伝えします。

さて、今秋の中山ですが
芝は引き続き速い時計が
出る状態です。

しかも例年とは違って
「内々前々」が強い状況。

ここ数年の秋の中山は
外差しも効いてけっこう
面白い競馬だったのですが、
今秋はちょっと違います。

そこで…
下記を診てください。

【トップ5】
★ルーラ-シップ   複勝率60% 2.2.5.6
★エイシンフラッシュ 複勝率50% 2.1.0.3
 ヴィクトワ-ルピサ 複勝率45% 2.2.1.69
★キングカメハメハ  複勝率41% 2.1.2.7
 ディープインパクト 複勝率39% 7.4.4.23

【ワースト1】
  ハービンジャー   複勝率 0% 0.0.0.18

これは、この秋開催に
おける中山「芝」での
種牡馬成績です。

トップ5と、ワースト。
産駒の今秋出走数6以上の
種牡馬に限ります。

このランキングを診て
「おぉ!」と驚かれた方=
当欄の熱心な読者の方だと
思います(笑)。というのも
【トップ5】のうち3頭が
キングマンボ系なのです。
(★印)

今年の秋の中山の芝は
ひと昔前の秋競馬のような
「速い馬場」が復活。

それに伴い、かつての
「秋の野芝の中山の、
かなり速い時計が出る
馬場」でやたら強かった
キングマンボ持ちの馬も
それに伴ってしっかり
復活している、という
ワケです。

逆に、近年の秋の中山で
強かったハービンジャーの
産駒が、今秋の中山芝で
上記のように絶不調。

その点からも、やはり
この秋の中山の芝は
ここ数年の秋と違う芝、
と言えるのだと思います。

秋風Sの結論出しの際も
以上の点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。