『マイルチャンピオンシップ南部杯2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「マイルCS南部杯」の
穴馬探しをお届けします。

次週末は
土・日・月曜の3日間開催と
なります。

マイルCS南部杯は
10月14日(月・祝)に
盛岡競馬場で行われる
地方中央交流G1です。

JRAのA-PATで購入可能。
グリーンチャンネルでの
生中継もあります。

早速、マイルCS南部杯の
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
意外に?
短距離志向の強い馬が
通用してしまうレース

→盛岡=本格派コースと
言われる事がありますが、
この南部杯については
マイルよりも短い距離に
志向が強いタイプの馬が
よく好走しています。

実際に近10年(東京で
施行された2011年は
除く)の好走馬30頭の
前走距離別・頭数を
診てください。

1200m 2頭
1400m 12頭
1600m 6頭
1700m 2頭
1800m 2頭
2000m 6頭

このように好走30頭中、
ほぼ半分の14頭が
前走で1400m以下の
レースを使っていた、
いわば「短距離志向」が
強い馬でした。

ちなみに、2000mを
前走で使っていた馬は
すべて前走帝王賞組。
いわば当レースにおける
「格上馬」です。

ですから、そんな
「明らかな格上馬」は
好走して当然と診ておき、
それ以外の馬については
短距離志向が強そうな馬に
あえて注目したいレース、
と言えるワケです。

「距離ぶん」以上の
スタミナよりも、
マイル以下のレースを
イメージできるほどの
スピードのほうが
当レースで必要な素養、
という事なのでしょう。

GIならではの地力勝負…
ではなく、GIならではの
スピード勝負、と化して
いるワケです。

【ポイント2】
直線での追い抜きシーンが
少ないレース

→南部杯など「盛岡での
交流重賞」の際に、私が
毎回お伝えしているのが
コース形態+流れ等から
「直線での追い抜きが
少ない」という点。

ですから4角地点での
「位置どり」が着順に
そのまま直結しやすく、
4角先頭~3番手の馬が
馬券に絡む確率が極めて
高いのが盛岡交流重賞の
特徴なのです。

実際に近5年の南部杯で
「4角先頭~3番手」に
つけていた、全15頭の
成績は(4.3.3.5)、
複勝率67%と極めて優秀。

ですから、出走各馬の
実力比較作業をする前に
「4角での位置取り」を
予想する作業のほうが
むしろ大切と言えます。

【ポイント3】
1番人気馬は
まず崩れない

→近10年(5.4.1.0)。
いくらガチガチに
なりがちな交流重賞でも
ここまで1番人気馬が
強いのはさすがに稀です。

広いコースで直線での
抜きも少ない=つまり
紛れがかなり少ないため
実力上位馬が不利なく
前々で運びさえすれば
まず崩れようがない、と
いうことなのでしょう。

【ポイント4】
リピーターが強い

→前述したように特殊な
各条件がハバを利かせる
レースですから、必然的に
リピーターの好走が多く
なります。

ブルーコンコルド
06年1着 07年1着 08年1着

メイショウバトラー
08年2着 09年3着

ワイルドワンダー
07年2着 08年3着

エスポワ-ルシチー
09年1着 10年2着 12年1着 13年1着

アドマイヤロイヤル
12年3着 14年3着

ベストウォ-リア
14年1着 15年1着 16年2着

コパノリッキー
16年1着 17年1着

もちろん、レース適性が
高い馬がこのレースを
狙って、毎年繰り返し
使ってきているという
ことでもありますが…。

【ポイント5】
明け4歳馬が
相変わらず強い
今年のダート戦線

→ダート重賞のたびに
お伝えしている事ですが
今年のダート重賞では
特に交流競走を中心に
4歳馬が強さを発揮して
います。

先日の白山大賞典や
盛岡マーキュリーCを
4歳馬グリムが勝ち、
帝王賞は4歳ワンツー。
先日の中央シリウスSも
4歳ロードゴラッソが
勝ってしまいました。

このような、今年の
ダートオープン戦線での
4歳の層の厚さと強さは
再三記してきましたが
これほど強いと4歳馬を
あとしばらくは、一律で
評価アップしておいても
いいほどと診ています。

以上5点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。