『赤富士ステークス2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「赤富士S」の
穴馬探しをお届けします。

次週の中央競馬は
土・日・月の3日間開催です。

(21日月曜は、先週の
台風中止分の代替開催)

赤富士Sは
10月19日(土)に
東京10Rとして行われる、
3勝クラスのダート戦です。

普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
お届けしている当欄ですが、
平地3重賞が施行されない週は
さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

次週末に行われる
平地重賞は、富士S・
菊花賞の2クラのみ。

そこで今週は、土曜の
東京10R・赤富士Sの
展望もお伝えします。

さて、当レースは
東京ダート2100mで
行われます。

東京ダート2100m戦の
血統ポイントとして
キングマンボ持ちの馬の
好走が多いことを当欄で
再三お伝えしていますが…

では、この秋はどうか?
下記を診てください。

14日東京9R 昇仙峡特別(重)
1着馬 父サンデー系
2着馬 父サンデー系
3着馬 父サンデー系

15日東京7R(やや重)
1着馬 母父キングマンボ
2着馬 父キングマンボ
3着馬 サンデ×サンデー

開幕週(5・6日)は
ダート2100mの施行が
ありませんでしたので
先週(14・15日)だけの
結果になりますが
このように重馬場だった
14日はサンデー天国に。

しかし馬場が幾分乾いた
15日は一転、いつもの
ようにキングマンボ持ちの
2頭が快走。ワンツーを
決めました。

馬場が湿りすぎなければ
東京ダート2100m=
キングマンボ持ちの馬の
台頭が多い舞台です。

スタミナ・スピード・
パワー。この3要素が
バランスよく求められる
東京ダート2100m。
どれかが突出している
ような馬よりも、3つの
要素を全て備えている
ような馬が有利です。
よって「総合力」に長け
その3要素を全て備える
キングマンボの血を
持っている馬の台頭が
多くなるのでしょう。

ただし、特に近年の
東京ダート2100mでは
雨が降って馬場が湿り
「軽いスピード」が
求められるようになると
サンデー台頭のケースが
増えています。

実際に、近3年の
東京ダート2100mに
おける「種牡馬成績」を
馬場状態別で診ますと…

たとえばサンデー系の
ヴィクトワ-ルピサは
重不良の複勝率50%に
対して、良では同27%。
ステイゴールドは 
重不良の複勝率40%に
対して、良では11%。
ブラックタイドも
重不良の複勝率43%に
対して、良では25%。

逆にキングマンボ系の
ル-ラ-シップは
重不良の複勝率20%に
対して、良で36%。
エイシンフラッシュも
重不良の複勝率20%に
対して、良で60%。

東京ダート2100mは、
良馬場では普通に
キングマンボ持ちの馬を
狙い、雨で馬場が湿れば
サンデー直系馬を狙う。

当日の馬場次第で狙う
血統傾向を臨機応変に
変えて臨みたい、東京の
ダート2100m戦です。

以上の点も鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。