『菊花賞2019の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「菊花賞」の穴馬探しを
お届けします。

菊花賞は
10月20日(日)に
京都3000mで行われる
クラシック最終戦です。

昨年は
ユーキャンスマイルを
単独推奨しました。
(3着/10番人気)

昨年に一応の結果が出た
レースですので、昨年に
用いた予想法も引き続き
使いつつ進めていきます。

早速、菊花賞の
ポイントをお伝えします。

【ポイント1】
今年から好走馬の
傾向が少し変わる?

→今年から降級制度が廃止。
それに伴い、夏・秋の
2勝クラス(1000万)で
3歳馬の勝利が増えました。

今年の2勝クラス戦=
OPや準OPから降級した
4歳馬がいなくなって
メンバーが弱化した分、
3歳馬の勝利が増えた
ワケですが、つまり
今年は「2勝クラスを
勝った3歳馬」の価値が
昨年までと比べれば
低いとも言えるワケです。

極端な言い方をすれば
「たいして強くない
3歳馬」でも、今年は
2勝クラス戦を勝てたと
いうこと。

ですから、今年の
「2勝クラス戦を勝った
3歳馬」には、ちょっと
力不足の馬も混じって
います。

そんな馬が、秋の
3歳G1に出走してくると 
春のクラシック実績馬に
跳ね返されるケースが
例年より増えそう…という
説は成り立つでしょう。

早くもそれが如実に?
現れたのが先週の秋華賞。
1・2・3着を、阪神JF・
桜花賞・オークスの
各2着馬が独占。逆に
前走で2勝クラス戦を
勝ってきた上がり馬は
全滅しました。

菊花賞では、これまで
阿寒湖特別や兵庫特別、
九十九里特別といった
夏秋の名物1000万を
勝ち上がってきた馬が
穴人気になり、しばしば
好走もしていましたが…
その傾向は変わりそう、
と診ているところです。

【ポイント2】
やっぱりロベルト、
ダンスインザダーク、
トニービン

→以前の菊花賞では
ロベルト、トニービン、
ダンスインザダークの
血を内包している馬が
よく駆けると言われて
いました。

近年は低迷気味でしたが
一昨年から「該当馬」が
復権しています。一昨年は
キセキ&クリンチャーが
ワンツー。昨年は推奨馬・
ユーキャンスマイルが
10番人気で3着に快走。

ロベルトもトニービンも
ダンスインザダークも、
高速スピードの持続力&
京都の坂の昇り降りに
必要な馬力、スタミナの
バランスに長けた筋。
スピード全盛時代の今でも
菊花賞のスパイスとして
欠かせない素養、という
ことなのでしょう。

【ポイント3】
「大型ではない馬」が
勝つレース

→これまで79回にわたる
菊花賞の長い歴史の中で、
504キロ以上の体重の馬が
勝った事は1度だけ。
(キタサンブラック)

血統といい体重といい
キタサンブラックは
規格外だったワケですが、
一昨年は2番人気の
アルアインが520キロで
勝てず。昨年も1番人気の
ブラストワンピースが
530キロで勝てず。

ライスシャワーのような
「優秀なステイヤー=
体が大きくない」鉄則?を
今も体現しているG1が
菊花賞というワケです。

【ポイント4】
関東馬が走れないG1

→ベテランファンの方は
特にライスシャワーの
イメージから菊花賞=
関東馬がけっこう走ると
お思いかもしれませんが、
近10年は下記のように
関東馬が絶不調です。

関東馬 複勝率21% 1.0.1.45
関西馬 複勝率 4% 9.10.9.105

【ポイント5】
「8枠」は割り引き

→近10年の菊花賞の
枠別・成績を診てください。

1枠 複勝率20% 3.0.1.16
2枠 複勝率30% 3.3.0.14
3枠 複勝率 5% 1.0.0.19
4枠 複勝率 5% 0.0.1.19
5枠 複勝率20% 0.2.2.16
6枠 複勝率25% 1.2.2.15
7枠 複勝率23% 2.2.3.23
8枠 複勝率 7% 0.1.1.28

長距離だから枠なんて
関係なしと言うなかれ。

このように、8枠馬は
かなり不振です。

スタートしてほどなく
コーナーを迎えてしまう
当レース。よって位置が
下がるのを避けようと
外枠から位置を強引に
取りにいくと、序盤で
痛恨のスタミナロスに
繋がりますし折り合いを
欠くキッカケにもなって
しまいます。

仕方なく「枠ナリ」で
進めると、スローで流れる
馬群の外々を長時間ずっと
走らされるハメになって
こちらもコースロスや
スタミナロスや折り合いの
不安が出てきてしまいます。

ゆえにこのレースの外枠=
よほど上手に進めないと
かなり厳しく、いい事が
あまり無いのです。

4枠の成績不振は正直、
「たまたま」でしょうが
8枠の不振には「理由」が
あると思います。

以上5点を鑑みた上で
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。