『競馬はデータで勝ち切る!弥生賞』後藤博

昨日のチューリップ賞、断然人気のソウルスターリングは圧勝でしたね。

間違いなく本番の桜花賞でも圧倒的な1番人気でしょう。

ブエナビスタ、ハープスターに続き連勝で桜花賞を制するのか、体調面に
問題がなければ当確ですかね(笑)

武豊騎乗のリスグラシューは位置取りがソウルスターリングよりも後ろ、
何かを試した騎乗だったのでしょうか?

今日は皐月賞への重要トライアル弥生賞ですがここは混戦で難しいですね。

人気面を見ると勝ち馬は1番人気と2番人気に集中していますが今年は
朝日杯Fをから直行する王道がなく小粒な感じが否めない感じ。

京都2歳Sを勝ったディープ産駒で福永騎乗のカデナと京成杯を1番人気で
勝ったコマノインパルス、セントポーリア賞を勝ったダイワキャグニー辺が
有力になりそうですがインパクトが弱い。

弥生賞と言うと大物が始動するレースというイメージがありますが今年は
それがなく難解ですが前走1番人気という視点で見ると突破口がやや見えて
きます。

勝率 22.2% 連対率 37% 複勝率 44.4%
単勝回収率 122%  複勝回収率 95%

このレースは基本的に内枠有利傾向で特に2枠、3枠の成績が良いですが
今年は12頭立てと少頭数なのであまり気にする必用は無いかもしれませんが
それでも外枠は不利だということは頭に入れておく必要があります

騎手についても触れておきましょう。

中山 芝 2000Mといえば戸崎やルメールが得意にしているコースですが
それに匹敵する数字を残しているのが川田騎手。

勝率 30.8% 連対率 53.8% 複勝率 61.5%
単勝回収率 221%  複勝回収率 123%

昨年のマカヒキが印象的でかなり馬券に絡んでいます。

同じ栗東所属のルメールとは騎乗数が違うけども川田騎手がこのコースで
騎乗する際は注意が絶対に必要。

★後藤博 本日の狙い

中山 11R 7 コマノインパルス
中山 11R 3 グローブシアター

以上になります。

投稿者プロフィール

後藤博
後藤博
会社の同僚に誘われて2010年の有馬記念で馬券デビュー。馬券は不的中もゴール前の興奮に魅了され競馬の研究に没頭するようになる。その後は大きな馬券を狙い続けて負けてばかりだったが、あることをキッカケに騎手データを重視して馬券を買うようにしたら急激に馬券収支が向上。トップジョッキーが良い馬に騎乗した時を狙う撃ちにするスタイルで、高確率で馬券を的中させ続けている。

ファイブスター

最後は、新聞のシルシや人気を参考にしてませんか?それだと競馬で勝てませんよね。なぜなら、その他大勢と同じ意見を選択すると、負け組みに転落するのが競馬のルールだからです。他の人に差をつけるためには、どうすればいいのか?そこでオススメするのが、新聞のシルシや人気に関係なく、競走馬の能力を数値化したオリジナルの裏評価です。