『ホープフルS2019のデータ考察』西城つよし

 

おはようございます。

 

今回は明日行われるホープフルSの、

5年データを調べてみました。

 

さぁいよいよ、

本当に今年最後のG1レースレースですね、

 

2歳重賞だけに、

思わぬ伏兵馬が登場することもあるので、

高配当にも期待できる一戦です。

 

今年最後の競馬も、

しっかりデータ分析し、

好走馬を見極めていきましょう。

 

 

まずは前走場所別データ。

 

札幌

【0-0-0-2】

福島

【0-1-0-2】

新潟

【0-1-0-1】

東京

【1-1-2-19】

中山

【1-0-0-6】

中京

【0-0-1-2】

京都

【3-2-2-17】

阪神

【0-0-0-7】

 

結構分かりやすいデータとなりましたね。

 

前走阪神組は全く馬券になっていなくて、

京都組は安定した走りを見せています。

 

ここを中心に考えながら、

その他のデータも踏まえて予想をしていきましょう。

 

 

次に間隔別データ。

 

連闘

【0-0-0-1】

2週

【0-0―1-2】

3週

【1-0-0-11】

4週

【0-1-1-8】

5~9週

【4-2-3-26】

10~25週

【0-2-0-10】

 

基本的には前走からの間隔5~9週のゆったりローテの馬の、

好走率が高めですね。

 

昨年、一昨年とここ2年は、

このゆったりローテに加え前走で京都組だった、

サートゥルナーリアと、タイムフライヤーが、

当レースを制していますので、

該当馬がいたら注目したいところです。

 

 

最後に当日人気別データ。

 

1番人気

【3-1-0-1】

2番人気

【1-1-2-1】

3番人気

【1-0-1-3】

4番人気

【0-1-0-4】

5番人気

【0-0-0-5】

6~9番人気

【0-2-2-16】

10番人気以下

【0-0―0-28】

 

上位1~3馬人気は、

人気通りの走りを披露しているので、

信頼しても大丈夫でしょう。

 

問題は6~9番人気の中人気馬。

 

ここに注目馬がいた場合は、

高配当に繋がりますので、

もしいた場合は積極性に狙っていきたいですね。

 

 

今年も最後まで、

お読みいただきありがとうございました。

 

来年もデータ分析を中心に、

皆さまの予想のお役に立てられればと思っていますので、

どうぞ、よろしくお願いします。

 

それでは、よいお年を。

投稿者プロフィール

西城つよし
西城つよし
多角的な検証を得意とする競馬研究家
レースの有利不利を、次走の予想に繋げる馬券術には定評がある。持ち前の探究心から、多角的な検証を得意としている。競馬最強の法則にも掲載され、いま注目されている競馬研究家。

パーフェクトコード

西城つよしがお届けする簡単消去法
競馬新聞の◎印が馬群に沈み狙った馬が先頭で、ゴールを駆け抜ける快感!この最高の瞬間を味わいたいですよね?本当に強い馬が分かる暗号をあなたにこっそり教えることができます。この暗号を知れば1レース平均10~11頭の馬を消去することが可能になります。あなたは残った5~6頭の馬で予想をするだけ。これだと予想が簡単になると思いませんか?