『頌春賞2020の穴馬探し予想PART1』シベリアン

「頌春賞」の
穴馬探しをお届けします。

次週末の中央競馬は
11日(土)12日(日)
13日(月祝)の3日間開催。

頌春賞は1月11日(土)に
中山ダート1200mで
行われる2勝クラス戦です。

普段から週末に行われる
平地3重賞の展望を
お届けしている当欄ですが、
平地3重賞が施行されない週は
さらに別レースも取り上げて
展望をお届けしています。

11日(土)12日(日)
13日(月祝)に行われる
平地重賞はシンザン記念・
フェアリーSの2クラのみ。

そこで今週は11日(土)の
中山10R「頌春賞」の展望も
お伝えします。

この頌春賞は、中山の
ダート1200mで行れます。

冬場は(芝の保護のため)
芝レースが減り、ダートの
レースが大幅に増えますが
しかも中山の場合はダートの
「距離設定」がほぼ2つだけ
(1200・1800m)ですので
必然的にダート1200m戦と
ダート1800m戦の施行数が
増えます。

よって冬の中山の攻略=
ダート1200・1800mの
攻略が肝要となるワケですが
今回は頌春賞の舞台となる
中山ダート1200mの、
今冬に発生している顕著な
傾向を、幾つかお伝えする
ことにします。

頌春賞に限らず、他の
中山ダート1200m戦でも
予想時の参考データとして
いただければと思います。

【ポイント1】
ゴールドアリュ-ル爆走中

→今冬(昨年11月30日~
先週1月6日)に行われた
中山ダート1200m戦に
おける、種牡馬別成績を
診てください。

ゴールドアリュ-ル 複勝率54% 3.3.1.6
ヨハネスブルグ   複勝率40% 1.0.3.6
ヘニ-ヒューズ   複勝率38% 4.2.0.10
アイルハヴアナザ- 複勝率36% 4.0.0.7
ダイワメジャー   複勝率31% 0.2.2.9
プリサイスエンド  複勝率30% 1.0.2.7
ヴァーミリアン   複勝率30% 0.3.0.7
キンシャサノキセキ 複勝率29% 0.1.3.10
サウスヴィグラス  複勝率25% 4.1.2.18
キャプテントゥーレ 複勝率25% 0.1.1.6
アンライバルド   複勝率22% 0.0.2.7
スウェプトオーヴァ 複勝率17% 1.0.1.10
シニスターミニスタ 複勝率17% 1.0.1.10
グランプリボス   複勝率14% 0.1.0.6
クロフネ      複勝率14% 0.1.0.6
カネヒキリ     複勝率14% 0.1.0.6
リアルインパクト  複勝率14% 0.0.1.6
ワールドエース   複勝率13% 1.0.0.7
スマートファルコン 複勝率13% 0.1.0.7
モンテロッソ    複勝率13% 0.1.0.7
メイショウボーラー 複勝率13% 0.0.1.7
ロードカナロア   複勝率11% 0.0.1.8
ベルシャザ-ル   複勝率 8% 0.0.1.12
グラスワンダー   複勝率 0% 0.0.0.7
パイロ       複勝率 0% 0.0.0.11

・複勝率順
・期間内出走数7以上の種牡馬のみ

ゴールドアリュ-ルが
トップですが、さらに
すごいのが複勝回収率。
何と188%です。じつは
好走馬7頭の人気順が
4・3・11・2・9・1・
2ですが、1番人気馬の
出走が僅か1頭なのです。
それでいて、この成績は
素晴らしいの一語。
ちなみに単勝の回収率は
256%です。

ちなみに、当舞台での
ゴールドアリュ-ルの
昨年1~9月の産駒成績は
(7.1.1.29)と平凡。
複勝率24%でしたから
この冬の中山のダートが
ゴールドアリュ-ル産駒に
マッチしている、という
ことなのでしょう。

その他では
ヘニ-ヒューズ産駒が
好調ですが、年明けの
2日間で(2.0.0.1)と
結果を残しました。

また、母数が足りず
上記に載っていませんが
オルフェ-ヴル産駒も
(2.1.1.2)となかなか
好調。単回収率213%、
複回収率168%でした。

【ポイント2】
今の中山ダ1200m戦は
前々から狙うべし

→今冬(昨年11月30日~
先週1月6日)に行われた
中山ダート1200m戦に
おける、脚質別の成績を
診てください。

逃げ 複勝率24% 6.5.2.41
先行 複勝率28% 12.10.11.87
差し 複勝率17% 5.7.8.98
追込 複勝率 7% 1.2.3.80

※脚質判定が
 微妙だった馬は除く

逃げ・先行勢が堅調。
差し馬は2・3着量産で
勝ちきれていません。

そして。
先週日曜・月曜の
「年明け開幕週」2日間の
成績は下記のとおりです。
さらに「前有利」が際立つ
結果になりました。

逃げ 複勝率21% 1.4.0.18
先行 複勝率29% 4.1.2.17
差し 複勝率10% 0.0.2.17
追込 複勝率 7% 0.0.1.12

※脚質判定が
 微妙だった馬は除く

年末年始に中山ダートは
凍結防止剤が撒かれたとの
こと。これが厄介モノで、
散布されるとダートが
粘っこくなることで全馬の
スタミナが削がれるため、
前にいる馬も後ろの馬も
最後に脚が上がります。
ですから、前にいる馬が
(バタバタになりつつも)
そのまま粘りこむ単調な
結果が増えるのです。

先週の結果は、まさに
この点が如実に現れたと
いえそうです。ともあれ
凍結防止剤が散布された
ダート=前有利が顕著に
なると診ておきましょう。

【ポイント3】
今冬の中山ダ1200m戦は
「距離短縮」組が苦戦

→先週の日曜+月曜に
行われた、すべての
中山ダート1200m戦に
おける「前走からの
距離短縮/延長」別の
成績を診てください。

前走から距離延長 複勝率25% 0.0.1.3
前走から距離短縮 複勝率 7% 1.1.0.27
前走と同距離   複勝率26% 4.4.4.34

前走から距離短縮=
つまり前走で1300m超の
「長めの距離」を使って
いた馬の成績が不振です。

東京のダ1300mや
各場のダ1400mを使って
きた馬が、距離短縮して
今の「タフな馬場なのに
テンが速い」厳しい流れの
中山ダ1200mを使うと
追走から苦労して厳しい、、
という事なのでしょうか。

ともあれ、これほど
ハッキリとした傾向が
現れていますので
この点はしばらく留意して
診ておきたいところです。

以上3点を鑑みたうえで
今年の推奨馬をPART2で
会員様にお伝えします。

PART2・穴馬結論編に続きます。

投稿者プロフィール

シベリアン
シベリアン
高い情報収集能力で他を圧倒する予想家
2010年に発表した競馬教材「マグマの法則」が異例の大ヒットとなり業界で一躍有名に。高い情報収集能力から導き出される論理的な予想と、読み込ませる文章力にファンが多い。ザ・シークレット・ホースで『穴馬結論編』を公開中。

稼ぎに直結する日刊コンピの法則:無料メルマガ登録